ulgear Address 37.007532,139.980111

ulgstore.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 10月 26日

Tarptent Moment 1

「9月の初旬にデリバリーします」、のメールを受け取りすぐにオーダーしましたが、届いたのはつい最近の事です。10月の頭に「デリバリーの用意は出来たが、カードの請求の期限がきれたので申し訳ないが再度オーダーし直してくれ」のメールを受け取り、再オーダーをし手やっと手許に届きました。
b0148176_026070.jpg

開封して見た第一印象は、収納バックがポールも同梱なので同社のサブライトより大きめである。個人的にはポールを使用するテントの収納スタイルは、ポールとテント本体は個別の収納が好きである。特にシルナイロン製の幕体はプレッシャーを掛ければコンパクトになるのでザックの中に収納しやすく、ポールはザックのサイドに縛り付ければ良いと思われるのだが。
b0148176_0321723.jpg

スタッフザックはテント本体と同じシルナイロン製で、その他ペグ×2本と収納袋、取説が入っている。オプションでテントを自立させる為のポールも購入してみた。同社のScarp 1のサイトにやはりオプションの自立用のポールを使用したテントを、持ち上げている画像を見て興味を持ちどんなモノか試してみたいと考えたからです。
b0148176_0345871.jpg
取り敢えずノーマルの状態で建ててみることにする。幕体を広げて左右をペグダウンする。
b0148176_0431430.jpg
つぎにセンターのアーチ状のスリーブにポールを通してゆく手順で進めるのですが、簡単に建ち上がりました。センターのスリーブが細めなので多少ポールが通し辛かったぐらいで、幕体にテンションを掛ける作業も簡単でした。
b0148176_040679.jpg

ペグダウンが左右の2箇所だけでアーチ状のポールの部分は固定されないままなので、可動部分が多く調節が簡単ですが、逆に強風時には心配される部分です。
b0148176_0461374.jpg

風対策として黄色いスリーブにガイライン用のループが2箇所あり、取説を見ると(読むではありません)左右のエンド部分にトレッキングポールを使用して、テント本体のピークライン上のループからガイラインを引いている画像があります。果たして大丈夫なんでしょうか?

このMomentの最大の特徴のオプションのポールを使って自立式のテントとして使用出来るシステムである。
b0148176_0505994.jpg

スリーブの頂上のループにポールを通し
b0148176_0525616.jpg

左右のペグダウン用のループの部分のポケットにポールを差し込み
b0148176_054943.jpg

本体のピークラインの左右2箇所の
b0148176_055748.jpg
クリップをポールに引っ掛けて終了です。
す。持ち上げて見るとテンションは弱いですがシルエットにおおきな崩れは無く、地面に置いて見るとペグダウンなしでも自立はしています。
b0148176_057574.jpg

テントを立ち上げてから場所を選んだり、急な天候の変化に対応してテントを移動させたり出来るだろう。

by last-chance-gear | 2009-10-26 00:59 | Shelter&tarp


<< new gear 2      Bushcooker Lt 1... >>