ulgear Address 37.007532,139.980111

ulgstore.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 11月 08日

TarpTent Moment 2

前回の続きです。今回は室内の紹介です。取り説にも説明が載っていない、パーツやループなどがありますが、解かる範囲内での説明になります。

入り口は側面にあり、小さいながら前室も確保されている。パックを置くにはきびしいが、シューズは大丈夫ですね。雨の日の調理なども神経を使いそうです。
b0148176_093911.jpg


この前室ですが、ポールにテンションを掛けるためのテープが左右のポールエンドで繋がっていて、テントのフロアーに縫い付けられています。その一部分がベルクロ止めになっていて剥がすと床が立ち上がり多少ですが広くなります。しかしその分フロアースペースがせまくなりますが・・・
b0148176_0114993.jpg
  

L字型のジッパーを開けて室内に入る、天井の高さは約1メートル確保されている。胡坐を掻いて内部を見回してみる、フロアーはお約束のバスタブ構造ですが、同社の他のモデルに比べ立ち上がり部分が高く感じられます。
b0148176_0202454.jpg


トップにある2箇所のベンチレーションは、ベルクロで開閉出来る様になってます。画像のベントのループと前方あるクリップの使用目的が解からずにいたのですが、ネット上でベントの中にソックスやグローブなどを詰めてクリップで止めている画像をみたが、雨や強風などでベントが閉じるのが目的なのだろう?スティックなどを差し込んでベントを開いているモデルが多いのだがどうなんでしょうか。
b0148176_0302918.jpg

 
内部にもベントを広げようとする、ループとクリップがあります。
b0148176_119533.jpg


テントの前後にあるパネルも開閉可能です。どちらか一つでいいと思われますが、サイドにジッパーがあるスリーピングバックを使用する場合を考慮しての事でしょうか、入り口に対してスリーピングバックのジッパーの位置により前後関係が違ってきますから。
b0148176_1403616.jpg


さらに左右のポールのスリーブを滑らせ捲り上げ、通気性を良くする事が出来ます。

通常の状態です。
b0148176_1434374.jpg


捲りあげている状態です。 
b0148176_1451858.jpg


ポケットが前後対角線上に2箇所あります。やはり寝る方向を考慮しての事でしょう。オールメッシュで2室ありシェルに縫い付けられたループにクリップで付けられているので、あまり重いものなどは入れたくはありませんね?
b0148176_1483469.jpg


簡単ですが内部の紹介です。取り説にも説明されていないパーツやループなどがあるのですが?
「Moment」このテントの場合は「瞬間」と言うネーミングになるのでしょうか?とにかく設営が簡単で速いです。慣れると30秒ぐらいで建つのでは・・・

by last-chance-gear | 2009-11-08 01:58 | Shelter&tarp


<< New gear 3      new gear 2 >>