ulgear Address 37.007532,139.980111

ulgstore.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 03月 23日

Aromax CF Bottle Cap Stove

久しぶりの自作のアルコールストーブの記事です。

最近の他の方のブログで、アルコールストーブの記事を目にするようになった他、素晴らしい造りとアイデアのアルコールストーブが日本のガレージメーカーから販売されたりしていますね。

以前は色々と個人輸入などで、アメリカのガレージメーカーからアルコールストーブを取り寄せて参考にしたり、他の方のブログなどを拝見して、ジェットタイプやオープンタイプなどと、試行錯誤をしながら手作りしてきましたが、これだと言う様なストーブは出来ませんでした。

そういった中で自分なりにアルコールストーブは単体としてでだけでなく、システムの一部としてのアルコールストーブと考えて、クッカー、五徳、ウィンドスクリーン、燃料容器、とトータルで製作する様になりました。製作すると言うには大げさですが、手持ちのクッカーや五徳、燃料容器など組み合わせですね。



今回のストーブはAromaxのボトルを使ったストーブシステムです。アルコール容器とストーブを一体化してみました、ポイントはキャップの部分をストーブにしたところです。Aromaxのボトルのキャップにカーボンフェルトを使ったストーブを接着し、キャップを閉めるとアルコールに浸っている状態になるので、ストーブを使用する時はキャップを開けて置くだけで着火が可能です。容器からストーブにアルコールを注ぐ手間がありません。ストーブにアルコールが残っていてもそのままキャップを閉めることが出来ます。

このストーブの最大の問題点はキャップ部分のパッキンです。パッキン部分に直接ストーブを直付けしているので熱で溶けたり、変形するとキャップとしての機能が失われて、このシステム自体が成り立たないのですから。幸いAromaxはHOTも可能なので多少の熱でも大丈夫だろうと考え、実験などもしないで組み立ててみました。カットしたアルミボトルとキャップは耐火セメントで接着し固定しました。

実際にアルコール燃料を入れたボトルに取り付け、アルコールを染み込ませて燃焼させるまでを試してみましたが、無事に水は沸騰しましたが問題はキャップのパッキンです。6分近く加熱された後のパッキンが駄目になっていれば、システムとして成り立たないのですから。

冷えたストーブのパッキンを見てみると変形及び変色などはなく外見上は問題なし。ボトルに取り付けてひっくり返してみたがアルコールの漏れはなく大丈夫そうである。

取り敢えずは成功かと思われたが、トラブルが発生。耐火セメントで接着したキャップとストーブが剥がれてしまった。接着剤がアルコールによって溶解したのだろうか。
b0148176_232730100.jpg

後日、接着剤の代わりにキャップを加工することなくキャップとストーブをくっけるのに磁石を用意してみた。
b0148176_2342783.jpg

かなり強力な磁石でしっかりとストーブがキャップにくっついている。ボトルに取り付けても外れる心配はないように思える。外側の磁石に直径が大きめの物を用意したので、ストーブとして使用時も安定はしている。
b0148176_2349991.jpg

磁石を二つ使用しているので重量がかなり大幅に増えてしまった。長期の使用によるパッキンのダメージが解かりませんが、磁石でくっつけているだけなのでキャップを交換するだけで問題なしであろう。
b0148176_004288.jpg

高さがあるので収納が可能なクッカーが限定されるのが不満である。背の低いボトルはないのでしょうか。

by last-chance-gear | 2010-03-23 00:13 | Stove


<< 05 New Gear      Mountain Laure... >>