カテゴリ:favorite( 8 )


2012年 06月 17日

Camp Time Roll-A-Cot

b0148176_23161817.jpg
30年位前に購入したコットです。カヌーを始めたのをきっかけに川旅の道具としてCamp Time社のコット、テーブル、スツールを個人輸入してみました。

More

by last-chance-gear | 2012-06-17 23:40 | favorite
2010年 12月 19日

KELTY tarp

80年後半に購入したケルティーの自立式タープです。
b0148176_2210995.jpg

正式なネーミングは忘れましたがタープでは無くてサンシェードと呼ばれていたかも?
キャンプをし始めた当初は会社の独身連中少人数でバイクや電車などでキャンプなどをしていましたが、夏はオフシーズンとしてキャンプは行かず、雨が降りそうであれば中止としていたのでタープとは無縁のキャンプスタイルでしたが、女子社員や社員の家族がキャンプに行きたいと言い出し大人数でのキャンプを始める事になりました。
b0148176_22125999.jpg

人並みのキャンプにはどうしてもタープが必要になり探していたところ、REIのカタログでこのタープを見つけてオーダーしました。
b0148176_22144439.jpg

レクタ型はガイラインが多すぎて設営が大変なうえ、当時はオートキャンプがブームでキャンプ場は大混雑?フリーサイトが多かったキャンプ場ではこの自立式のタープは魅力的でしたし、同時期に所有していたモステントのシドニーに合うと思われた、曲線主体のデザインがかっこよかったです。
b0148176_22155678.jpg

デルタ型のタープで設営は3本のグラスファイバー製のポールを使用しますが接地する部分は三ヶ所、後の三ヶ所は宙に浮いた状態です。
接地する三ヶ所を動かすことによって有効面積と高さを変える事が可能。しかし風には弱くスポーツカイトの様にすぐ飛びます?
b0148176_22171888.jpg

今の時代には新鮮な色使いでしょうね。

by last-chance-gear | 2010-12-19 22:36 | favorite
2010年 07月 05日

Open 3年目です。

気がつけばオープンして3年目になる。
b0148176_240215.jpg

遠くから来て下さった方、御問い合わせして下さった方、またブログを見て下さってる方、ありがとうございます。此方の我が儘で通販はしていないのですが、通販の御問い合わせが多数あり、お断りのメールを打つのが心ぐるしく感じます。

そこでお詫びといってはなんですが、「3年目、突入ありがとうございます。プレゼント企画」と銘打ち、私の私物や商品の一部をプレゼント致します。現在では手に入らない物が多数ありますが、何分にも古い物なので保存時の汚れや傷があるものがありますが、結構な美品ばかりです。カラトリーなどは未使用品です。

取り敢えずプレゼント品の個々の画像はここに上げていますがもう少し増えることもあるかも解かりません。画像の説明はまだ途中なのでこれから追記していきます。気になる道具があれば、メールでこの道具が欲しいと連絡ください。

応募が多数の道具は抽選になります。当選した方のみにご連絡いたします。ご質問などは仕事の都合上おくれることがあると思われますのでご理解お願いします。

応募期間は7月いっぱいです。

追記  希望する道具のチョイスは3個までOKです。第一希望から第三希望まで書いてメールを下さい。

by last-chance-gear | 2010-07-05 03:08 | favorite
2009年 06月 08日

WOLRUS

以前、ウオーラスのオービットを紹介しました。文中でオービットとエクリプスが一緒に出品されていて、安価で購入出来たと言う内容の記事でしたが、2つのモデルとも、ポールのショックコードが緩んでいて、修理が必要な状態の訳有り商品でした。
おかげで予想していた価格よりも安く購入でき、届いてすぐ(この時点で中身を全てだして確認すればよかったのですが・・・)収納袋からフライ用のポールと思われるものを一本だけ取り出し修理をしようとしました。
しかしエンドチップが硬くてポールから中々抜けなく、仕方なくショップに持ち込み見積りを出してもらったところ、結構な価格になるのでそのまま中身を確認する事無く収納袋から出さないで、数年間放置していました。
そして去年、お店に改造するため車庫を整理中に出てきたので、ブログで紹介しようと初めて収納袋から出して、緩いショックコードに苦労しながら組み立てたのがオービットです。
続いて今回、エクリプスを紹介しようと、もう一つの収納袋から取り出し組み立てたのがこのテントです。
b0148176_0482422.jpg
エクリプスじゃありませんでした。私の思い違いでした?出品者のミスではなく私の思い込みです。ウオーラスといえばオービットかエクリプスしか知らない私です、どこでどう思い違いをしたのか、エクリプスを購入したと思っていました。
b0148176_0583424.jpg
しかし何と言うモデル名だろうか、全然解らない?ラピッドハブは一つしか使用していない。
b0148176_143447.jpg
しかしデザインはおもしろい。二人用みたいです。
b0148176_192643.jpg
これが一番ユニークなギミック。テント室内後部に棚が出来る。シューズとか置くのに便利そうである。
b0148176_1143361.jpg
フライを装着してみました。
b0148176_1192110.jpg
昔懐かしいアルミのピンペグ、当時のテントは全てこのタイプのペグがついていましたね。
b0148176_121748.jpg
ラピッドハブシステムを使用のフレームワークです。
エクリプスよりこちらの方がいいかも?

by LAST-CHANCE-GEAR | 2009-06-08 01:25 | favorite
2009年 04月 05日

The North Face Sleepingbag

The North Faceのスリーピングバッグ。
b0148176_2329929.jpg
私が持っている、アウトドアの道具の中で一番古く、愛着のあるものです。自己流で山を歩き出した頃は、働き始めで給料も安く、道具もアメ横で放出品等で揃えていましたが、物足りなくなりいい道具がほしくなりました。
当時、創刊された「アウトドアスポーツ」に掲載されていた、ノースフェイス、シェラデザイン、マーモット、アーリーウインター等の道具に、憧れを抱くものの何分にも高価でした、ドルが230円位?の時代で平行輸入物しかありませんから、中々手が出せない高嶺の花でした。
b0148176_2159143.jpg
しかし欲しいものは欲しい、ボーナスを握り締めて行きましたよ原宿へ、80年前半の原宿には、竹下通りと明治通りの交差点の側に、エデイバウアーなどを扱っているショップや、ビームス最初のお店等がありましたね。ちなみに当時のビームスで、パタゴニアのクライミングパンツとスタンダップパンツを購入しました。
私の目指すお店は、「ウエザーステーション」です。何度も通いましたよ、この店はノースフェイスやフェザーフレンズの平行輸入物を置いていて、ほとんどのモノが一点モノだった記憶がありますが、違ったかなー。購入したのはこのスリーピングバッグと「ウエストウインド」と言うネームのテントです。この2つでボーナスはほとんど無くなりました。
b0148176_23293570.jpg
スリーピングバッグのスペックなどは忘れて終いましたが、当時では最高の550フィルパワーのダウン、スラントウオール?、ジッパーはOPTIRONです。ヘッド部分はオープンヘッドタイプ、うつ伏せになれる形状です、現在ではあまり見られないタイプのヘッド部分ですが、当時の雑誌などにモデルが寝袋でうつ伏せになって、雑誌を読んでいる写真を見て憧れていました。
b0148176_23495340.jpg

モデル名は忘れてしまいました、当時で記憶のある名前はブルーカズー?、アイベックス、インフェルノ?などの記憶があるのですが?モデル名がプリントしている、コーションタグなどが付いていなくて、刺繍のケアタグが縫い付けているだけです、どなたかご存知の方がいらっしゃったら、お教えください。

by LAST-CHANCE-GEAR | 2009-04-05 23:54 | favorite
2009年 03月 16日

Walrus Orbit

b0148176_015482.jpg
シェラデザインの創業者が1980年代に立ち上げたメーカーです。ラビッド・ハブ・システムといわれるポール3本を交差させたジョイントハブを使用し、スピーディーな設営が出来るテントとして87年頃に発売されたと思います。
b0148176_02616.jpg
ラビッド・ハブ・システムはテントのスリーブにポールを入れたまま折りたたんで、そのまま収納するシステムなのですが、私の手順がまずいのか、長年の使用でポールのショックコード緩んできてしまい、設営に苦労した思い出があります。
b0148176_0401125.jpg

このオービットはテント本体に、結構な大きさの穴をあけてしまい、修理に出そうとしましたがウォーラスが無くなっていて、そのまま使用しないままでした。そして数年前ヤフオクでオービットが出品されたの見つけたのですが、なんとエクリプスも一緒に出品されていたのです。このモデルはオービットよりも大きめの三人用でポールの本数も多く、立ち上げたシルエットがきれいなテントでした。確かビーパルにモステントのシドニーと一緒に掲載されていました。
b0148176_0585740.jpg
シドニーは通販で米国から購入したのですが、エクリプスまでは買えずじまいで、後でと思ううちに廃盤になり手に入れる事は出来ませんでした。そのエクリプスが出ていたのですから驚きました。
何とか購入できましたがその時ほどヤフオクの良さを実感できた時はありません。昔欲しかった道具達が手に入るのですから有難いことですね。
b0148176_1151456.jpg
機能美をうりにしたテントが多い今の時代ですが、色味や遊び心のあるテントもそろそろ出てきて欲しいです。
b0148176_1232127.jpg
さすがに収納サイズは大き過ぎだろう。

by LAST-CHANCE-GEAR | 2009-03-16 00:59 | favorite
2009年 03月 15日

kifaru

Kifaruの6 Man Tipi & ParaTipiです。
b0148176_129315.jpg
Kifaruと言う名前のメーカーを知ったのは、2004年の春にネットで知り合った人達とのキャンプで、4 Man Tipiを見たのが最初でした。
b0148176_1322162.jpg
ティピーといえばキャンバス地で丸太のフレームを使用したものと思っていましたが、私が見たKifaruのティピーは生地がシルナイロン製、モノポールフレームの床無しのシェルターでした。
大袈裟ですがモステントのシドニーや、ウォーラスのオービットを見た時以来の衝撃を受けました。
b0148176_1382047.jpg
そのキャンプは私には10年振りのキャンプでした。こちらに引っ越してきて回りは、いわゆる別荘地で引越した当時は永住者も少なく、高規格キャンプ場のような雰囲気で、毎日がキャンプ場にいるような感じで、休日には庭にテントを張って、焚き火をしたりして、それだけで満足してい時期でした。
おかげで近くにもキャンプが出来るような場所がたくさんありますが、キャンプには出かけなくなりました。
b0148176_140576.jpg
キャンプには行かなくなりましたが、休日には新しい趣味の木工を始め家具作りなどで過ごしていました。
木工用の機械など購入に、キャンプ道具やウエアーなどをクワントや、ヤフオクなどを使い資金をひねり出したのですが、当時すでにグレゴリーやパタゴニアなどの、古いアウトドアーの道具がなどがビンテージグッズ扱いで人気があり、かなりの金額になりおどろきましたね。
b0148176_3314322.jpg
そんな時に出会ったKifaruのTipiを使ったキャンプスタイルに刺激を受け、物欲とキャンプへの情熱が久々に復活し、キャンプから帰ると車庫を整理して、古いモステント、プリムス、ノースフェイスなどのキャンプ用品を売却して、画像にあるKifaruのTipiの購入資金に充てたのですが同じ事をしてますね。とにかく10年間のキャンプスタイルやアウトドア用具の進歩は、私には驚きの一言でした。

by LAST-CHANCE-GEAR | 2009-03-15 04:02 | favorite
2009年 03月 05日

SOREL AVENGER

b0148176_1112081.jpg

80年代後半に雪中キャンプ用にとLL BEANで購入したモノです。当時のLL BEANでは通常のカタログの他に、スペシャルカタログが用意されていて、HOME&CAMP, fly fishingなどのカタログが数種類あり、オーダーを掛ける時フォームの欄外に請求箇所があり、チェックをいれて置けば送ってもらえました。このブーツはどのカタログかは忘れましたが、このようなスペシャルカタログから購入しました。当時はウインターブーツで有名なメーカーとは知らずに結構な価格でしたが即決です。
b0148176_1134879.jpg

シューズをオーダーする場合のお約束で、厚手の靴下を履いて紙の上に足を置き、回りをペンでなぞり足形をとります。これをオーダーフォームと一緒に送ればOKです。
b0148176_1184139.jpg

b0148176_1225736.jpg

購入の決めてなったのは、ブーツの丈が伸びるギミックです。ブーツの履き口にぐるぐるに巻かれ、ベルクロで止められた部分が股下まで上がります。
b0148176_1194133.jpg

どうですかSORELの縦ロゴがいいんじゃないでしょうか。ちょっとやり過ぎの感じもしますが?
b0148176_122365.jpg

実際のところこのブーツを使用したのは、ここに引っ越してきた当初、大雪が降った時の一度きりしか履いていません。今回、車庫を改装するにあたり、整理していた時、段ボール箱から出てきました。購入後20年以上たっていますが、状態は非常に良い何しろ一度きりの使用ですから。
b0148176_1235587.jpg

しかしブーツ内側のウレタンコーティングが施されている部分のコーティングがボロボロと剥がれていた。古いザックやテントのフロアーにもよく見られる現象だが、加水分解の様なものなのでしょうか?
b0148176_1261252.jpg

ロゴのプリントも所々剥がれてきている。まあ20年以上経過しているのだからしょうがないですね。
b0148176_1292699.jpg

靴底のパターンはしっかり残っているのでまだまだ大丈夫でしょう。インナーブーツのフェルトの素材が良くなくて、靴下やパンツなどにくっついてしまい落とすのが大変である。現行の物に交換したほうがいいだろう。

by LAST-CHANCE-GEAR | 2009-03-05 01:39 | favorite