カテゴリ:Stove( 23 )


2013年 04月 08日

Tetk's Hoop Stove & Low Profile Pipeless Hoop Stove

b0148176_043592.jpg
TetkさんのTwitterに「minibulldesignのyoutubeチャネル登録者数を超えそう」とツィートされていた。

2004年頃にMoss Tentのつながりでタンポポ村でキャンプをご一緒したときにVargoのアルコールストーブを見て、アルコールストーブに興味を持ちアメリカのガレージメーカーのアルコールストーブを集め始めました。

当時はペプシ缶ストーブの副加圧式サイドバーナータイプと、キャット缶ストーブの開放型タイプをベースとしたストーブが販売されていました。多数のガレージメーカーが市販の炭酸飲料の缶をベースにストーブを作っていましたが、いかにもアメリカ的?な大雑把な作りのストーブが多い中で、minibulldesignのストーブは所有感を満足させてくれる物でした。
一例ですが他のガレージメーカーがストーブ本体の嵌合部分をアルミテープで止める所を絞り加工で止めるなど、一手間かけた作りが好きでしたね。
またアルコールストーブや、ビア缶やジップロックを使用したクッカーシステムなどの製作風景や実際に調理例を紹介した動画のサイトなど魅力あるガレージメーカーでした。

そんなminibulldesignのyoutubeチャネル登録者数を追い越そうしているのですから凄い事だと思います。
アルコールストーブの魅力はもちろんですが、全てオープンに製作過程や詳細な数値が表記された記事や動画で構成され、作って見たいと感じさせるサイトです。

最初は個人で海外のサイトを参考にして見よう見まねでアルコールストーブを作り出し始め、だんだんと大きな輪になって、お互いに情報を共有し合いその中から何人かのビルダーが誕生して、日本発の素晴らしいアルコールストーブが海外に発信されていきました。

現在では海外で市販されているアルコールストーブはクッカーのシステムに組み込まれた物が多く、単体で魅力的な物は少ないと私は感じています。故に海外からTetkさんの動画などを興味深く見つめるハイカーが増えているのだろう。

More

by last-chance-gear | 2013-04-08 01:12 | Stove
2011年 04月 20日

BackCountryBoiler

b0148176_0185995.jpg

画像はサーメット、BPLで論争の元になったMkettleとBackCountryBoilerのボルケーノストーブタイプの仲間達です。
b0148176_026184.jpg


More

by last-chance-gear | 2011-04-20 01:41 | Stove
2011年 01月 17日

Hyper felt

JSBさんから分けて頂いた「ハイパーフェルト」をmkettleで使用してみた。この「ハイパーフェルト」は宇宙用素材だそうで、かなり高価な素材だそうです。カーボンフェルトより高い気化性能、長期に渡る高温耐久性があるそうです。
b0148176_23545391.jpg

特に注目するのは気化性能で、テスト当日は気化性能を確かめるには絶好の気象状況で温度計は無かったのですが、ペットボトルの水がすぐにシャーベット状になる気温で雪も降っている。

燃焼面積を増やす為に、「ハイパーフェルト」を大きめにクルクルと巻いて五徳にセットし、アルコールをひたひたになるまで注ぎ着火。



着火と同時に炎が勢い良く出る、長めの繊維が赤くなりハリネズミが燃えているようだ。ケトルをセットしてみると炎が煙突から勢い良く噴出してくる。薪を燃料にしている時と変わらない炎の勢いです。無水エタノールを使用しているからなのか、炎が赤く青白い炎ではありませんが、結果は5分以内で400mlの水が沸騰しました。

まずまずの結果が出たところで、次のシュミレーションに
b0148176_0155969.jpg
煙突からでる炎を利用して調理に使ってみる。ケリーケトルにはオプションで煙突部分に差し込んで使うポットサポートなるものが用意されている。同じ様に過去トランギア用に市販されていたチタン製の五徳を使ってみました。



簡単にスクランブルエッグを作って見ましたが、焼き物や炒め物に使えそうです。五徳部分に直接セットすることも可能です。
b0148176_0355121.jpg

この「ハイパーフェルト」は細い繊維が手にチクチクと刺さる感じがしますが、JSB氏によると2~3回燃焼させると気にならないとの事・・・
b0148176_0375480.jpg
合計6回燃焼させてみましたが黒くはなりましたがチクチク感は無くなりました。
 
次回は固形燃料で試して見よう。

by last-chance-gear | 2011-01-17 00:44 | Stove
2011年 01月 06日

Titanium Goat Vortex Cylinder Stove

b0148176_1412667.jpg

独特の形状をしていますがバックパッカーのための組み立て式のストーブ?テント内で使用するための煙突はステンレスで一応ダンパーも付いています、ボディはチタンのホイール、前後のパネルはステンレスで構成されて驚くほどコンパクトに分解収納が出来ます。
b0148176_1435999.jpg

このストーブは発売初期のタイプなのでストーブの上にクッカーなどは載せれませんが、オプションでストーブのボディに合わせ底を叩き出したクッカーが販売されていましたが、あまりにも特化し過ぎていたので購入を見送りました。現在のモデルは既存のクッカーが載せられる事が出来る様になっていて、前後のパネルも変更されていてエアーインテークが付き、スタンドも装備されてボデイが地面から離れるように接地出来ます。ダンパー部分も独立したパーツになっています。
また煙突もチタン製がオプションで用意されていてより良い感じのストーブに仕上がっています。



重量は風が吹けば飛ばされるほど軽さで、風の強い時にはペグダウンしたほうが良さそうですね。使い勝手は同社のVortex Stoveやkifaruのスモールサイズのストーブと比べて、組み立てにねじ類は使用しないのでコツさえ掴めれば簡単です。煙突は筒状に巻いてリング状のスチールワイヤーで止め、本体に差し込んで完了です。動画では3本のガイラインで固定していますがストーブポート付きのシェルターではポート部分がガイラインの役目をして煙突を固定するようになっています。



炉に奥行きがあり容積も大きく、BOX型のストーブに比べて長めの薪なども燃やすことが可能です。実際にストーブに火を入れドライブさせてみると、煙突からの煙の漏れなどはありませんが、不完全燃焼時にダンパーを閉じると、煙突の差し込み口と焚き口から煙が漏れてきますがダンパーを開放すれば漏れは無くなります。
b0148176_151281.jpg

焚き口の蓋は薄いステンレスのパネルを引っ掛けるだけのシンプルなモノです。寒さが厳しい時は蓋は外しっぱなしで薪をどんどんくべていった方が良いですね。ただし長時間に渉り暖を取ろうとすると薪の量がスゴい事になりますね。
b0148176_1515372.jpg

バックパッキングで使用するには薪集めの苦労さえ厭わなければ十分に使えるだろう。
シェルターから突き出た煙突から紫色の煙がたなびいているのを見ると充分に自己満足に浸れます。
b0148176_153331.jpg
シェルターはMLD Supermid 2008です。ストーブポートを後付けするかどうかで思案中です。

by last-chance-gear | 2011-01-06 01:57 | Stove
2011年 01月 03日

mkettle

英国から届いたクッカー mkettle
b0148176_2391066.jpg

仕組みはKelly KettleやThermetteと同様のチムニー効果を利用したクッカーです。
b0148176_2312478.jpg

Kelly KettleやThermetteなどはカヌーを利用したキャンプなどでお馴染みですが、このmkettleはサイズダウンされバックパッキングで使用出来る様に設計され、ハンドルなどはありませんが本体をネオプレーンのスリーブで覆っていて素手で本体を掴む事が可能。
b0148176_23142968.jpg

mkettle本体とファイヤーベース、ネオプレーンのスリーブ、シリコーン製の栓,Dリング付きの収納袋で構成されています。
b0148176_2322194.jpg
本体の素材はアルミニウム、サイズは高さが17センチメートル、直径は10センチメートルで、ジェットボイルの収納サイズと同じ位の寸法。重量は370グラム、容量は約530ミリリットルと重量の数字が気になりますが・・・
b0148176_23153166.jpg

実際に手に取ってみて気になる点は、まず370gの重さずっしりと手に来ますね。ジェットボイルよりは軽く感じますがどうなんでしょうか?ジェットボイルはオートキャンプでコーヒーなどを入れる時に使う人が多く、トレッキングなどで使用する人は少ないと思われます。大きさとガス缶を含めた重量が現実的ではないのでしょうね。

燃焼実験をしてみました。燃料は薪がメインですがトランギアのアルコールストーブ、固形燃料も使用出来ます。
b0148176_2320277.jpg

今回は建材の木っ端を使用してみました。針葉樹なのでヤニが気になりましたが雪で枯れ枝が湿っていて使用出来ませんでした。実際のフィールドではこのような良い状態の薪はありえませんが取り敢えずと言う事で・・・


ファイヤーベースに薪を入れて着火、ケトル本体を載せると直ぐに本燃焼に移ります。当日は風が強めに吹いていたのでチムニー効果の効き目が良く6分で400ccの水を完全沸騰。素手でケトルを掴む事も可能でした。またファイヤーベースのエアーインテーク?から燃えている薪がこぼれ出ないかぎりネオプレーンのスリーブも焦げることは無いでしょう。
最後に気になったのは注ぎ口の湯きり具合、コーヒーなどをドリップするような微妙な注ぎ具合の時などは、ネオプレーンまでお湯が伝ってます。個人的には凄く気になるところですね。
b0148176_2324274.jpg


欠点もありますがフリーズドライ食品限定、薪だけでの使用を考えれば使えそうですね。燃焼効率の良さ、どの様な天候でも最低限の燃焼が可能(ウインドスクリーンは必要無し)と重さにも目が瞑れそうな気がする?

by last-chance-gear | 2011-01-03 23:28 | Stove
2010年 12月 13日

笑’s Pop up Delta stove

トランギアのアルコールストーブにセット出来る可動式の五徳、また固形燃料も使用出来ます。チタンの薄いプレートをプレス加工により折り曲げて強度を出し、穴開けなどで軽量化を図った製品ですね。
b0148176_2259596.jpg

最終形なのかは解かりませんが、デザイン的は直線で構成されていますが個人的には曲線をどこかに使用して欲しいですね。折り曲げている角にRが付いているだけでも印象が柔らかくなる様な気がしますが?
特にトランギアの上にセットした時に微妙に違和感が感じられます。プレートの穴のデザイン、三本の足の付き方など必然性が感じられる様な雰囲気が欲しいですね。機能的には試行錯誤が繰り返されて素晴らしい仕上がりなので・・・実践では固形燃料用に特化するでしょう。



Pop up Delta stoveにスノピのカップを載せて見ました。
b0148176_2394520.jpg

b0148176_23102034.jpg

b0148176_23104860.jpg
450がハイテク感?が感じられていい! 

トランギア用の五徳は色々と出ていますが、やはりアリゾナストーブが印象的ですね。
このPop up Delta stoveをイジリながら思い出しました。製作者の開発ストーリーに惹かれて注目はしていましたが購入には至りませんでした。キャンプなどアウトドアからは離れていましたから・・・
このメーカーも時代が早過ぎたのか無くなってしまいましたが今の時代には面白い存在になっていると思われるのですが?

アリゾナストーブの開発のきっかけとなった「アリゾナの旅人」と言うエッセイに出てくる旅人の気分で
Pop up Delta stoveを使用してみました。エッセイでは手作りのウッドストーブですが今の時代はアルコールストーブで・・・




私にとっては「アウトドア用品は嗜好品!」所詮は遊び道具、カッコいい、面白い、楽しい、ストーリーがあるモノがステキです。
機能が素晴らしければもっと良いのは当たり前ですが。

by last-chance-gear | 2010-12-13 23:14 | Stove
2010年 12月 06日

笑’s titan delta wood stove 1



焚き火関係の道具のメーカー,笑’sさんが製作したバックパッキング用のウッドストーブです。
b0148176_111312.jpg
チタンをプレスしたパーツを4枚使用したシンプルなストーブ。このストーブの様にプレートを組み合わせたストーブは、切りっぱなしの状態のモノが多い中で、プレスし組み合わせた時にチタンの強い復元力でカッチリと固定されているので、薄いプレートで組み上がっていますが頑丈ですね。火床もきっちりと収まりガタつきなども一切ありません。

デザインもデルタ型と言うネーミングですが、プレスによる面取りがヘキサゴンぽくて?手に持って組み立てる時も持ちやすく、組み合わせの時にしなりが出て良い感じ。また柔らかなイメージを醸し出していて好みのデザインになっています。

基本はウッドストーブですがアルコールストーブ、固形燃料も使用可能です。これに関してはもうデフォですよね?
今回は薪を使用してテストしてみました。FourDog - Bushcooker Titane LT 1とBUSHBUDDY ULTRAと比較してみました。建材の木っ端(杉材)を同じような大きさに割って同時に燃やしてみた動画です。炉の容量に差があるので単純な比較にはなりませんが、ポットを載せた時の炎の変化の違いを確認して見たかったのですが・・・
 

過去に色々と海外からバックパッキング用のウッドストーブを取り寄せて見ましたが、ポットを載せると不完全燃焼がおきてしまうのが多く不満がありました。
FourDog - Bushcooker Titane LT 1とBUSHBUDDY ULTRAは2次燃焼のシステムを取り入れていますので立ち上がりには時間が掛かりますが、2次燃焼が働き出すと炎は安定して燃え続けますね。

笑’sさんのストーブは炭熾しのチムニー効果を取り入れていますので立ち上がりが早いのですが、風の影響(この場合は燃焼に必要な空気の流れ)を受けやすいのでウインドスクリーンを上手く使えば良いと思われます。チムニー効果が大きいのでポットを載せても多少の煙は出ますが直ぐにポットを舐めるように炎が立ち上がります。またウインドスクリーンを巻き付ける様にした方が熱効率が良いかな。



 
 

by last-chance-gear | 2010-12-06 01:30 | Stove
2010年 09月 12日

Tet.k's Chimney Jet Stove 3

Tet.k's Chimney Jet Stoveがあまりにも素晴らしいので、自分用にもう一つ欲しくなったがサイトからオーダーページが削除されていた。
もう入手出来なくなるのだろうか、暗くしていつまでも見続けていたいトルネードの炎、加圧式が発する燃焼音、通常の加圧式のストーブだとウインドスクリーンで覆ってしまうと暴走してしまうが、安定して燃焼を続ける扱いやすさなど、素晴らしい性能のストーブなのですが・・・・
b0148176_31353.jpg

私も過去、米国のアルコールストーブを入手可能な物は全て取り寄せて試してみたが、デザインの良さ、仕上がりの美しさ、何よりも400ccを2分40秒で完全沸騰させる性能は、ほぼベストなアルコールストーブだと思われます。
b0148176_3291276.jpg

最終的にアルコールストーブの弱点である、冬期の使用が可能かどうかを試して見たいと思っていたのだが、しかしウインドスクリーンで密閉状態に近く覆っても、安定した燃焼をつづけるので大丈夫だと思われます。

冬季使用と言えば、ハイカーズデポや、JSBさんのサイトで紹介されているアルコールストーブは興味深いですね。かなりの低温でも使用可能との事、新しい切り口のアルコールストーブのガレージメーカーの誕生になるのか楽しみです。

tetkさんのストーブが購入不可能となると、それに匹敵するストーブがPackaFeather.comのFeatherFire stove。
b0148176_334095.jpg
同メーカーのXL stoveです。
b0148176_3352389.jpg

米国のアルコールストーブを調べていた時に見つけたガレージメーカーです。最初に見た時はデザインの素晴らしさに驚きましたね、ペプシ缶ストーブや、Cat缶ストーブのタイプしか見られないなかで異色のデザイン、火力調整が出来て調理が可能なストーブでした。
b0148176_337035.jpg
すぐに購入しようとしましたが、当時はサイトにオーダーフォームが存在せずに諦めました。現在では購入可能だと思われますので代わりといっては何ですが、購入を考えて見ようかなと思案中です。
b0148176_338172.jpg
ストーブも素晴らしいですが、Fuel Bottle Kitが私のお気に入り。既存のペットボトルをアルコールの燃料ボトルに出来るすぐれものです。
b0148176_343860.jpg
プレヒート中の炎、無水エタノールを使用しています。

by last-chance-gear | 2010-09-12 03:51 | Stove
2010年 08月 23日

Tet.k's Chimney Jet Stove 2


前回はスノピの600マグで燃焼実験を行い、屋外、ウインドスクリーンなしで4分35秒で完全沸騰。室内ではウインドスクリーンを使用し3分を記録しました。
b0148176_0372746.jpg
今回は同じ室内でウインドスクリーンを使用して直系の大きなポットを使用しての燃焼実験を行いました。
前回の記事の実験にJSBさんから「大きな直径で鍋からの輻射熱を生かすのも面白そうです。」とのコメントを頂いたからです。
b0148176_0392174.jpg
個人的には縦長タイプのポットが好みなのでストーブの燃焼実験には縦長タイプのポットいつも使用しているのですが、このストーブの性能を試してみたくて、平鍋を今回は使用してみました。
b0148176_0411167.jpg
燃焼中の画像ですがウインドスクリーンで覆っても炎は安定し、ポットのサイドをなめるように立ち上がることもなく、きれいに燃焼しています。
結果は2分40秒で完全沸騰、燃焼音をたてながら力強く沸騰させています。炎が完全に消えるまでは約4分20秒、ストンと炎が落ちていく感じで消えていきます。
アルコールは20ccを使用、沸騰時間は約2分弱で燃費の悪さが気になる所ですが、フリーズドライ製品がメインの食事であれば問題はないでしょう。
b0148176_1291310.jpg
 

過去に海外のアルコールストーブを取り寄せ、色々と使ってきましたが個人的には加圧式のストーブでは、ミニブルのアトミックに並ぶストーブだと思います。
特にお気に入りは余熱の方法です。アトミックストーブなど他の加圧式のストーブは、余熱皿やボデイにウイックを巻いたりして、全体を加熱する方法ですが、このストーブはボディの内側からの過熱になるので確実に加熱し、ボディが汚れないのでポットに入れるのが気になりません。

製作者のtetkさんは最近ヤフオクにストーブを出品されていますのでいかがでしょう?トルネードの炎と燃焼音が素敵ですよ。

by last-chance-gear | 2010-08-23 01:36 | Stove
2010年 07月 26日

Tet.k's Chimney Jet Stove

今日小さな?サプライズがあった。モステントで有名なTETKさんから小包みが届いた。ひょっとしたらと思いながら開けてみると、最新作のChimney Jet Stoveが入っていた。
b0148176_152937.jpg
TETKさんのBLOGに紹介されていた記事からは、400mlの水を3分30秒で沸騰させ、加圧式でありながら、ウインドスクリーンで蔽ってドライブさせても暴走しない性能。すぐに「自分で試してみたい、もし可能ならば私の店に置いて皆に見てもらいたい」とコメントしました。
b0148176_1535680.jpg

実際に届いた現物を手にして見ると、細かなパーツの作り込み、五徳部分のスムーズな動きの良さなど、完成度の高さの素晴らしさ。
b0148176_1551369.jpg

セッティングしてみるが、脚部の接地部分のシリコンチューブがガタツキなどなくし、クッカーを載せても安定してます。
b0148176_1562020.jpg

さていよいよ火入れしてみます。プレヒート用のカップにアルコールを入れ、ストーブを被せるように置いて着火します。プレヒートの炎が静かに立ち上がり、やがて回転しながら集束された炎が燃焼音とともに立ち上がってくる。

いいですねやっぱり加圧式のアルコールストーブは、市場ではオープンタイプやカーボンフェルトに押され、少なくなってきているタイプのストーブですが何とか生き残って欲しいですね。

燃焼結果ですが400mlの水、約23度を沸騰させるのに4分35秒ぐらいでした。野外で微風の条件、ウインドスクリーンなしでこのタイムは素晴らしいです。ウインドスクリーンを使用すれば4分を切ると思われます。


実際にこの後雨が降ってきたので、室内で無水エタノールを使用しウインドスクリーンで蔽って時間を計ったところ約3分で沸騰しました。燃料の違いがありますが、暴走せずに燃焼したことは驚きです。
b0148176_2141174.jpg

機能が裏打ちされたデザインの良さ、チムニー効果を訴求し進化して音をたて、燃え上がるトルネードの炎はクッカーを載せるのが躊躇われ、ずっと見ていたいと思わせるストーブです。

TETKさん、今回はありがとうございました。

by last-chance-gear | 2010-07-26 02:31 | Stove