<   2008年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2008年 12月 31日

Mini cooker 200 system

Mini cooker 200 system
b0148176_05848.jpg
チタンカップ、ポットスタンド、ストーブ、ウインドスクリーンで構成されています。構成上の特徴として、収納時にアルコールストーブがカップのフタとして使用されます。
b0148176_1521877.jpg
アルコールストーブは、MBD社のSSBITストーブと、Trail Designs社のプライマーパンを耐火セメントで固定しています。SSBITストーブはultralightoutfitters社のBeer Can Cook Stove 用にMBD社が製作したストーブです。カップの底までの高さの関係と、ストーブの炎がカップの側面まで立ち上がらず、底面に集束するのでチョイスしました。
b0148176_2513671.jpg
前回の記事のカルデラシステムで使用したカップをですが、200mlの水を沸騰させるクッカーです。fiberglass wickを巻いているので、カップのお湯が沸騰していても、素手でつかめます。


重さは実測で91gです。
b0148176_314051.jpg


by LAST-CHANCE-GEAR | 2008-12-31 03:29 | Make Your Own Gear
2008年 12月 24日

Ti-Tri mini-Caldera System

チタンミニカルデラシステム
b0148176_2233757.jpg

Titanium Goat社の900カルデラシステムのコーンを切り詰めて、径を手持ちのチタンカップ350ml?に合わせ、高さをケースに使用するZiplockのポットに、収納可能になるよう改造してみました。ポットの内側のテーパーにピッタリとあうようにコーンの型を成型したところ、コーンを使用時に組み立てる事もなく、そのままカップを乗っけて使える事が解りました。撮影時はクリップで仮止めしていますが、最終的にはリベットで固定してみたいとおもっています。  

b0148176_251842.jpg

トップの画像のセットが全て収納可能になります。コーンの下部の通気用の穴は一穴パンチを使用して開けています。
b0148176_361775.jpg

アルコールストーブ、固形燃料、薪と一応3wayで使用可能です。上の画像はwood stove時の形態です。カップはハンドルを取り外して、ミニブル社のfiberglass wickを巻いています。難燃性のひもで炎が舐めても大丈夫です。カップのお湯が沸騰していても、素手でつかめますが、固形燃料を使用している時は炎が大きいので、コーンから降ろす時は軍手などが必要です。


by LAST-CHANCE-GEAR | 2008-12-24 03:42 | Make Your Own Gear
2008年 12月 21日

Littlbug junior stove

littl bug junior stove
b0148176_2151532.jpg
厚めのステンレス製で作られた組み立て式のストーブです。
b0148176_216891.jpg
五徳の取り付ける位置によって、ウッドストーブタイプと、アルコールストーブタイプに仕様を変えられます。

アルコールストーブ使用
アルコールは缶入りの固形アルコールを使用しています。ボディに差し込んでいるプレートの出し入れで火力の調整が出来ます。しかしボディ下部の通気口の穴がフロント部分しかないので、炎が後ろ側に立ち上がりポットのお湯の沸騰が一部分でしか沸騰が起こりません。

ウッドストーブ仕様
アルコールストーブの炎のように細くはないので炎が全体によくまわり、最後まできちんと燃えてキレイな灰が出来ます。
b0148176_22332855.jpg
スノーピークの900のポットに収納が可能です。

 

by LAST-CHANCE-GEAR | 2008-12-21 22:35 | Stove
2008年 12月 17日

nalgene

ナルゲンボトル、BPA問題で米国では新しい素材(BPA-free)に、切り替わっているようですが、その影響でしょうか、日本でも最近はKlean Kanteenの、ボトルが売れているらしいようですね。
b0148176_29797.jpg
私は今更どうでもいいので、使いつづけます。画像のボトルもポリカーボネート製だと思われます。昔からのナルゲン好きなので、色々と集めてきました。
b0148176_217339.jpg
有名な雑誌ですね。
b0148176_2245514.jpg
ニューヨークにある、アルパイン協会のナルゲンボトル。
b0148176_227297.jpg
色を変えるとイメージも変わる?
b0148176_2311166.jpg
有名ブランドのボトルケースではないですが、名もないチープなケースがすきです。
b0148176_234137.jpg
b0148176_235179.jpg
b0148176_2351513.jpg
最近はこれにお茶の入ったボトルを、入れて会社に行ってます。

by LAST-CHANCE-GEAR | 2008-12-17 02:39 | Gear
2008年 12月 16日

Trailstove

Trailstove
b0148176_0332596.jpg
ステンレスの本体、ブロウパイプ、火床、スタッフサックで構成されています。重量は420gでウッドストーブ好きのバックパッカー担いでいけますね。
b0148176_0364388.jpg
b0148176_0381150.jpg
アルコールストーブも使用できるようで、サイトにはトランギアのアルコールストーブが販売されています。




ブロウパイプで空気を送り込む仕組みが素敵です。

by LAST-CHANCE-GEAR | 2008-12-16 00:59 | Stove
2008年 12月 15日

WOOD STOVE 「ENCORE」

「アンコール」
b0148176_0443387.jpg
バーモントキャスティング社の「アンコール」です。自宅の暖房は和室のコタツを除いて、これ一台で16年間、使い続けています。
最初のころは、雑誌にのっている写真をイメージして、小物などを集めてストーブ周りを演出したりして楽しんでいましたが、長く続けて日常で使用していると、上の画像のように生活感あふれた、単なる道具としての付き合いになりました。もちろん愛着はありますが。

今、集めている野外道具も、非日常へ脱出するための道具達ですが、いつかただの道具として付き合えるぐらい、使い続けていきたいと思います。
b0148176_1322244.jpg
日米の古いケトル達?です。

13日の土曜日、千葉から「CASCADE LOOP」の石山さんが、こんな小さな田舎の店に来てくれた、聞けば気になるショップがあると、気になり出かけると言う。気に掛けて頂いただけでも有難いのに、わざわざお見えいただいてありがとうございます。感謝!
b0148176_1531416.jpg


by LAST-CHANCE-GEAR | 2008-12-15 01:54 | home
2008年 12月 14日

Thermette

Thermette

とりあえず動画をごらんください。


「サーメット」 イギリスのケリーケトルと同じ仕組みのケトルです。第一次世界大戦の時、ニュージーランド軍が使用していたので、ニュージーランド製が有名ですが、この「サーメット」はアメリカから購入しました、メイドインUSAなのだろうか?それともライセンス商品?なんでだろう、特許関係とかどうなっているんでしょうか。ニュージーランド製は手にはいりずらいのですが、たとえアメリカ製でも作りは全く同じようなので問題なしとします。「ケリーケトル」に比べてデザインが垢抜けていませんが、銅製で雰囲気がいいですね。細部もロウ付け部分などが、あまりきれいじゃなくハンドメイド感がバリバリに出ています。ケトル本体、焚き火台、五徳、バーナーリングのパーツから構成されています。

お湯を必要としない調理の場合に、ケトル本体を除くパーツで
WOODSTOVEが作れます。

川のそばのキャンプ地で使用すると楽しい道具です。

by LAST-CHANCE-GEAR | 2008-12-14 23:25 | Stove
2008年 12月 10日

多数のお問い合わせ、ありがとうございます。

b0148176_132487.jpg
通販が可能ですか?のお問い合わせを多数いただいています。 誠に申し訳ございませんが通信販売は行っていません。平日は会社員で収入を得ていますのでお店は全くの趣味でやってます。売れなければ自分のコレクションにするつもりです。(笑)
b0148176_136155.jpg
2005MYSTERT RANCH G-5000
お店を開いた理由も、ネット上にある海外の道具達を、実際に見てみたいと思い、自分が使用しているのがイメージ出来る道具だけを集めてみました。そして皆さんに、お店に来てもらって実際に実物を見たり、手にしてもらったりしながら、個人で輸入する際の参考にして頂ければと考えました。高額の商品を購入の際は、二の足を踏む人が多いと思われますのでお役にたてれば幸いと考えています。
b0148176_1425618.jpg
b0148176_144658.jpg
b0148176_265179.jpg
また道具キャンプの話など、情報の交換の場所作りを目指しています。その他、紹介しきれていない道具が色々ありますので、場所的には田舎ですが地味ながらも良いトレイルもありますのでハイクがてらに是非お立ち寄りください。

37.007532, 139.980111 for GPS

by LAST-CHANCE-GEAR | 2008-12-10 02:07 | home
2008年 12月 07日

Tarptent Sublite Sil

Sublite Sil
b0148176_19511416.jpg
外見上の寸法はタイベック製のSublite と全て同じです。シルナイロンの布地の型取違っていますね。
b0148176_20362760.jpg
b0148176_20415448.jpg
素材のシルナイロンがタイベックと違って通気性がないので、Sublite Silはフロントのべンチレーションが大きく、リアにもメッシュ付き開閉可能のベンチレーションが付いていますが、一番の特徴は入り口の部分です。まずメッシュのパネルが付き、入り口の左側に大きめのフラップが付いており、入り口の上に庇が作れる事です。
b0148176_21523738.jpg
上記の画像ではガイラインを低めにセッティングしていますが、別ポールや、木の棒などを利用して高めに取ると、雨などの時の出入りに濡れずにすみそうです。
b0148176_2211480.jpg
素材がシルナイロン製で、換気に気を配った作り、パーツも増えていてこの重さです。

by LAST-CHANCE-GEAR | 2008-12-07 22:13 | Shelter&tarp
2008年 12月 04日

New Gear

Raidlight Wrist Pocket
b0148176_0554811.jpg
手首につけるポケット、ポケットの長さは120mm、重さは12gです。
b0148176_163174.jpg

The StickPic
b0148176_1906.jpg

Line-Loks Glow In The Dark
b0148176_119452.jpg
暗闇で怪しく発光?します。

by LAST-CHANCE-GEAR | 2008-12-04 01:26 | Gear