ulgear Address 37.007532,139.980111

ulgstore.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2009年 07月 20日

shelter&tarp

b0148176_23141.jpg
 Zpacks Tarp 屋根がシルナイロン、床がメッシュ。バグネットをひっくり返した感じ。Zpacksのバーゲンで購入しましたが、通常サイトではシルナイロン一枚の簡単なタープが販売されていたので、多分プロトタイプのタープテント?だと思われます。

b0148176_23501270.jpg
MLD Grace Solo Spectralite .60 & Simblissity_noseeum_bug_tent
MLD社のCuben fabricの一人用のタープとSimblissity社の上半身のみのバグテント。

b0148176_04972.jpg
MLD社のbag bivy、床がCuben fabricです。ネット上部にジッパーがあります。

b0148176_075528.jpg
MLD社のTrailStar Shelter

b0148176_0153363.jpg
oware社のAlphamid,ピラミッドを半分にカットした形のテント。

b0148176_0195862.jpg
MLD社の2008 Supermid.シルナイロン製のピラミッド型のテントです。テント下部をメッシュパネルがぐるりと一周しています。

b0148176_027152.jpg
GG社のThe one

b0148176_0283556.jpg
Squall Classic スピンネイカーバージョン。

b0148176_0313368.jpg
Tarptent社のSublite &SubliteSil

b0148176_0375362.jpg
NEMO EQUIPMENT社の MORPHO AR2 & Go Go Bivy.
MORPHOは旧モデルの方が開放的で良いと思います。

by LAST-CHANCE-GEAR | 2009-07-20 00:42 | Shelter&tarp
2009年 07月 13日

カーボンフェルト ウインドスクリーン

MONちゃんより分けて頂いたカーボンフェルトで、兼ねてより考えていたカーボンフェルトウインドスクリーンをつくってみた。
b0148176_22573247.jpg
缶ポットをベースにカーボンフェルトウインドスクリーン、収納袋として使用出来るタイプをかんがえてみました。
b0148176_2311194.jpg
材料と道具は、カーボンフェルトを袋状にするために難燃性のウィッグを使用し、エアインテークの穴にハトメを用意しました。
b0148176_2316346.jpg
袋全体が真っ黒で味気ないので、ウイッグでBackpacker'sの文字を編みこんでみた。
編みこみには千枚通しで穴を開け、ゴム通しでウィッグを通して行きます。
途中で小文字のaが大文字のAになっているのに気がついたが、直すのが面倒なのでそのまま作業を続ける。
b0148176_23252654.jpg
b0148176_2327449.jpg
スクリーン下部のエアインテークの穴をポンチで開け、筒状に編みこんでゆく。底の部分は5mm厚のカーボンフェルトを使い編みこんでゆく。
b0148176_23401669.jpg
とりあえず完成しましたが、カワイっぽすぎ?ファンシーですね。
b0148176_2354578.jpg
早速アルコールストーブを使って燃焼実験をしてみましたが、難しいですね。収納状態を意識し過ぎて、直径が小さすぎ、ポットをセットするとほとんど隙間がなくて空気の流れが良くなく、不完全燃焼を起こしている。
下部のエアインテークの穴も少なすぎたの原因の一つだろう。
b0148176_014695.jpg
ポットをはずしてみると炎は大きく燃えている。ウイッグも炎に煽られてはいるが、大丈夫そうである。
b0148176_053295.jpg
ポットを外した直後の画像であるが、袋全体がストーブのように燃えている。
結果としてはストーブの燃焼に関しては、空気穴の数を増やし、サイズにゆとりを持たせれば、空気の流れが良くなり不完全燃焼や、ストーブの暴走も抑えられると思う。
炎や熱による、カーボンフェルトやウイッグへのダメージは問題なしと見られます。
更に改良を加えて実際にフィールドで使用出来る製品にして行きたいと思う。

by LAST-CHANCE-GEAR | 2009-07-13 00:24 | Make Your Own Gear
2009年 07月 09日

Titanum Bowl

シンプルな形のチタンのボウルですが、色々な使い道があります。

b0148176_2352018.jpg
以前の記事で山菜の天麩羅を作る時に天麩羅鍋として使用しましたが、今回はラーメンを作ってみましたが他にも、中華鍋として、チャーハンなどの炒め物にも使えます。

b0148176_2433354.jpg
また洗面器や水汲みにも使え、山の帰りの温泉などで風呂桶としても使用が可能!

b0148176_2452665.jpg
ボウルはのサイズは少し大きめなので、UL系のパックなどでは収納に苦労するが、リッドとしてトップに付ければ雨蓋としても使え一石二鳥です。

b0148176_249784.jpg
そして最後に帽子やヘルメットとして使用が可能です。ボウルの縁に左右対象で2つずつの穴が開いているので、そこに紐を通しあご紐として被ります。
夏の暑い陽射しを避ける為に、熱伝導率の低いチタンの特性を生かした帽子になります。見た目もクールで目立つ事間違いありません。真夏のフェスなどには最強のアイテムだと思われます。
ヘルメットとして使用する場合は、間にタオルなどを被せましょう、チタンは硬いので多少の落石などは大丈夫です。また藪漕ぎの場合なども、これがあれば頭から突っ込んでいけます。

こんなマルチな使い方が出来るギアを見逃す手はありませんね・・・皆さんいかがでしょうか?

すみません、記事の後半は話半分でお願いします。

by LAST-CHANCE-GEAR | 2009-07-09 03:02
2009年 07月 06日

カーボンフェルト ティンダー

カーボンフェルトにアルコールを浸して着火材にしてみた。
b0148176_2346923.jpg
カーボンフェルトの耐熱温度を調べてみると、瞬間耐熱で1300度、連続使用で250度とある。
b0148176_23474690.jpg
イメージとしてカーボンフェルトの着火材を使用し、燃え尽きた灰の中から、カーボンフェルトを取り出して再びアルコールに浸して再利用する・・・
b0148176_23491686.jpg
焚き火の温度は外側が高温で、中は幾らか温度が低いので、燃え尽きてしまうことはないかもと思われたのですが。
b0148176_2356306.jpg
実際に燃やしてみました、燃え尽きた灰の中から、でてきたカーボンフェルトは半分近くが燃え尽きていました。
b0148176_0141495.jpg
再利用は難しいのでカーボンフェルトのティンダー化計画の実験は失敗に終わりました。
連続で高温の炎に晒されると、耐炎繊維でも燃えてしまうのですね、しかし燃え尽きないで半分近くが残っているのは、やはり凄い素材だと再確認しました。
次の実験は小型焚き火シート、アルミ剥とカーボンフェルトのシートを重ねて、その上で焚き火が出来るようにするのが目的です。遅ればせながら私もカーボンフェルトを購入しなければ・・・

by LAST-CHANCE-GEAR | 2009-07-06 00:55 | Make Your Own Gear
2009年 07月 02日

Gear Gear Gear

お店をオープンして約1年が経ちました。

遠くから来ていただいた方、お問い合わせいただいた方、有難うございます。
通販は可能ですか?のお問い合わせが非常の多く、ご返事のメールを送るのが申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
遠いところですが、近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。
b0148176_1335142.jpg
自分の好きな道具しか置いてないので、売れると少しさびしくなりますね。

b0148176_1372228.jpg
Aquaguard Eliminator Inline Hydration Filter and Purifier 

b0148176_1392339.jpg
Exodusに取り付けてみました。
b0148176_1412149.jpg
性能とかは詳しくは解らないが、システムだけで買いです。デザイン、ギミック優先です。スミマセン・・・

b0148176_1452958.jpg
b0148176_1454985.jpg
MSRのドロップタイプの浄水器、これも見た目優先です。機能はどれも似たようなものだと思うので・・・

b0148176_1495132.jpg
Drinksafe Waterbag これもドロップタイプ、Drinksafe-Systems社の製品、イギリスの会社です。

b0148176_205992.jpg
ULA-Equipment社の軽アイゼン、これもデザインが決め手ベルトのロゴが素敵です。

b0148176_214755.jpg
Coleman Exponent Gemini 2-Burner Dual Fuel Stove デザインですね、作りはよくないです。

by LAST-CHANCE-GEAR | 2009-07-02 02:03 | Gear