ulgear Address 37.007532,139.980111

ulgstore.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2009年 11月 28日

Zpacks

Zpacksのパックが全て売れてしまいました。Zilch packのボディがスピンネイカーでポケットがCuben Fiberのタイプが2個、ボディがシルナイロンでポケットがCuben Fiberのタイプが2個、オールシルナイロンのZ1 packsが1個の合わせて5個が完売。
b0148176_0264397.jpg


最初にネット上で見た時は、小中学生の頃に使っていたペラペラのナップザックを思い出しました。

あの頃、山や海などに遊びに行く時は必ず持っていった、いまにして思えばヒモとナイロン袋で出来た、非常にチープなザックでした。近所のイノシシ狩りの猟師のオヤジも背負って山に入っていました。40年以上前で、ましてや四国の片田舎ですので手に入るのはナップサックぐらいでしたね。

私の田舎は、家の裏手にはすぐに山が迫って来ていてる様な,平野部の少ない海の側の小さな漁師町です。山に囲まれ小さいながらも棚田もありましたね。今で言う里山などと呼ばれる場所が在りませんでした。
必然的に遊び場は、山か海になります。どちらに行く時もナップザックは背負っていきました。

昆虫採集や植物採集などで、ナップザックを背負って山を漕いだり、偶然に見付け採取した風欄を入れて持ち帰ったり、アケビをパンパンに詰め、薄暗い照葉樹の森の中で道に迷ったりと色々な出来事をZpacksを見た時に思い出しました。
b0148176_0321348.jpg

当初Zpacksは見た目の印象、シルナイロンの強度などで、あまり良い意見は聞かれませんでしたが、私はナップザツクの経験があるので抵抗なくオーダーしました。まあ~キワモノ扱いされてもいいよ。そんな気持ちも少しはありましたが・・・

しかしこの3ヶ月間での5個完売、サイトがクローズしていて購入が出来ないからか?値段が手頃だからか?何でだろう。ULGearの夜明けは近いのか?とりあえず購入された方には感謝、感謝です。

手元に自分用のZpaksが無くなってしまった事に気がつきました。
またオーダーしなくては。

by last-chance-gear | 2009-11-28 01:13 | packs
2009年 11月 26日

CiloGear 1

オレゴン発のアルパイン専用のパックを製造しているガレージメーカーです。基本的には受注生産だと思われますが、少量ながらショップにも置いているみたいですね。
同社にオーダーした後に下北のお店にお邪魔した時、お店番の人から店頭に出していないビニール袋に入った状態のパックを幾つか見せて頂きました。
米国で購入してきたとの事、驚いたが同一モデルではない様なので一安心。じっくりと縫製や生地の素材を見たかったのですが、私のオーダーしたモデルが届いた時の楽しみが無くなるので、ビニール袋から出さずさらっ見て終わりにしました。

40 Liter WorkSack
b0148176_0385354.jpg

60 Liter WorkSack
b0148176_0453673.jpg

オーダーしてから一ヶ月半で届きました。第一印象ですが、とにかく単体のパックに何種類もの最新?の素材を使っているところがステキです。
フロント、バック、リッド、ボトム、とそれぞれにタフなX-PACやダイニーマグリッドストップ、ダイニーマオックスフォードを使用。
b0148176_0515339.jpg

エクステンション部分、内部のポケット、リッドの裏にはシルナイロンと、ファブリックのサンプル見本状態になっています。
b0148176_056930.jpg

40 Liter WorkSackにはフロント上部にインナーポケットにアクセス出来るジッパーがあります。ジッパーはパックでもデフォルトに成りつつある止水ジッパーが使われています。
b0148176_165024.jpg

リッドは取り外し可能になっています。ワンルームで外側からのアクセス。
b0148176_1135238.jpg

内側(底)にもう一つのポケットがあります。
b0148176_1164728.jpg

ショルダーストラップ、ヒップベルトは赤でかなり印象的です。
b0148176_131888.jpg
しかし軽量化を意識しているのか、パッドの厚みがパック本体の持つ重量感に対して頼りなさを感じさせる。
b0148176_1301845.jpg

ヒツプベルトはベルクロで取り外し可能になっています。
b0148176_1352643.jpg
簡単ですが大まかな外観の印象ですが、好きになれそうなメーカーです。

by last-chance-gear | 2009-11-26 01:43 | packs
2009年 11月 24日

落葉

落ち葉がピークの季節。落ち葉の季節の前にはどんぐりの落ちる音、家の屋根はトタン葺きで屋根裏のない吹き抜けなので、どんぐりの屋根に落ちる音がものすごく響きます。
どんぐりが落ち紅葉も終わりかけると、そろそろ葉が落ちて来ます。朴の木の葉の落ちる音に時々驚きながらの週末毎の落ち葉の掃除、秋から初冬にかけての恒例の作業である。しかし家の周りは落葉樹が多い雑木林なので大変な仕事量になり、全ての木をチェーンソーで切り倒したくなる時がある。
b0148176_171652.jpg

落ち葉の掃除と平行して周りの林で、薪ストーブの焚き付けの用の小枝集めと、薪置き場の掃除をする。積んだ薪の間に落ち葉が溜まっていたりするので、薪を積み替えて掃除をするのである。
b0148176_122492.jpg

庭の片隅の猫車、こちらに引っ越してきてすぐにホームセンターで購入してから17年間使用、薪、庭石、堆肥や腐葉土などを運んだり、セメントを捏ねたりと大活躍でした。
個人的に田舎暮らしの三種の神器の一つでしたが、さすが長年の酷使でボロボロになり現役引退で庭のオブジェ(?)です。
b0148176_1381333.jpg

こちらは2代目の猫車です、Noパンクタイヤを装着しています。2代目もバケツトが深いタイプですがこれが使いやすいですね。
b0148176_1492764.jpg

冬の作業着のLL Beanのフリースです。初めての個人輸入で購入したものですが、パタゴニアなどが高価なので、比較的に安価なLL Beanにオーダーしたものです。
20年以上経ち、生地はくたくた、焚き火の火の粉で穴だらけ、とても外出用にはなりませんが思い出のウエアーとして、作業着でガンガン使用しています。
b0148176_224478.jpg

日曜日の作業中に突然のお客様が、作業着のままでの対応になりました。
失礼致しました。

by last-chance-gear | 2009-11-24 02:32 | home
2009年 11月 23日

Gear

Kettle
b0148176_2302690.jpg

Snowpeak
b0148176_2395617.jpg

G4 Ultralight Backpack
b0148176_23122030.jpg

Simblissity UnSlack Pack
b0148176_23144487.jpg

Kifaru
b0148176_23252673.jpg

Aloksak Bags
b0148176_232602.jpg


by last-chance-gear | 2009-11-23 23:26 | Gear
2009年 11月 13日

New Gear 4

CLIKSTAND T-2 (Titanium)
b0148176_125511.jpg


CLIKSTAND S-2
b0148176_1265265.jpg


MjniBull HE--BIOS#3 Mini Atomic Atomic
b0148176_131421.jpg


Super Pot
b0148176_1384763.jpg


Kifaru Field Chair
b0148176_1392352.jpg


by last-chance-gear | 2009-11-13 01:40 | Gear
2009年 11月 12日

SoloMid .75oz cuben fiber

cuben fiberのキルトを製作して頂いたTimさんに、引き続いてシェルターをオーダーした。
b0148176_0302586.jpg


Timさんのサイトのシェルターの画像に、タイベックやシルナイロンなどの生地を使用した床無しシェルターが掲載されていたのだが、その中に従来のワンポールのシェルターとは異なった、ポール2本を使ったA型フレームのシェルターが目にとまった。
b0148176_0334091.jpg


それまではMountain Laurel DesignsのDuoMidを購入したいと考えていましたが、ポールの位置がセンターに設定されているのが気になって購入に踏み切れませんでした。
Kifaru社のパラティピー(DuoMidと同等のフロアーサイズ)を使用していましたが、ソロで使用していてもポールが邪魔と感じる時があり、嫁と二人の場合だと尚更でした。たった25mm程度のポールですが二人の間に距離感を感じさせます?
b0148176_0394064.jpg


同社の6MAN Tipi、MLDのSUPERMID、ブラックダイヤモンドのMEGA LIGHTなどの様に大きめのシェルターだと、フロアーのど真ん中にポールがあってもそれ程ポールの存在は気にならないのですが。
b0148176_043299.jpg


一人用のシェルターとしてDuoMidを使用するには、センターのポールを挟んで入り口奥がフロアースペース、手前を土間や前室として使用するのがベストだと思われますがサイズ的に大き過ぎる。
そんな折に目にしたTimさんのシェルターでした。素材はシルナイロンでしたが、ポール2本を使用したMidタイプのシェルターは初めて見ました。
Tarptent社のSubliteなど幾つかのシェルターで、ポール2本を使ったモデルを設営しましたがワンポールに比べ一本増えた分、剛性などはアップしているように感じます。下記の画像は最近届いたlight heart gear社のシェルターですがやはりポールを2本使用したシェルターです。これからはポール2本を使ったA型フレームのシェルターのブームが来る?Tetkさんも既に購入していました。詳しいレポートがあり読み応え十分です。
b0148176_1131170.jpg


少し脱線しましたがTimさんに「シルナイロンの素材をcuben fiberに変える事が出来ますか?」とのメールに、「オリーブグリーンのcuben fiberが手に入るのでそれでつくるよ」との返事が来た。白のcuben fiberを想像していたので、どの様な色味なのか不安があったがお願いすることにした。

オーダーしてからは製作の過程で進行状況をメールを送ってくれるのでありがたい。約1ヶ月で届きましたが前回のキルトより時間がかかりましたが、キルトのオーダーが入り忙しかったのだろう。スタッフサック込みでこの重さです。
b0148176_254415.jpg
 
軽いんじゃないでしょうか。

by last-chance-gear | 2009-11-12 02:11 | Shelter&tarp
2009年 11月 09日

New gear 3

Tarp & SoloMid  
enLIGHTened equiment  SoloMid .75oz Brown CUBEN FIBER
b0148176_1261642.jpg
 

251g
b0148176_1323780.jpg


MLD CUBEN FIBER MONK TARPS
b0148176_1352736.jpg


MONK TARPS & Ptarmigan Bivy
b0148176_1374487.jpg


MLD Minitarps
b0148176_1384351.jpg


by last-chance-gear | 2009-11-09 01:39 | Gear
2009年 11月 08日

TarpTent Moment 2

前回の続きです。今回は室内の紹介です。取り説にも説明が載っていない、パーツやループなどがありますが、解かる範囲内での説明になります。

入り口は側面にあり、小さいながら前室も確保されている。パックを置くにはきびしいが、シューズは大丈夫ですね。雨の日の調理なども神経を使いそうです。
b0148176_093911.jpg


この前室ですが、ポールにテンションを掛けるためのテープが左右のポールエンドで繋がっていて、テントのフロアーに縫い付けられています。その一部分がベルクロ止めになっていて剥がすと床が立ち上がり多少ですが広くなります。しかしその分フロアースペースがせまくなりますが・・・
b0148176_0114993.jpg
  

L字型のジッパーを開けて室内に入る、天井の高さは約1メートル確保されている。胡坐を掻いて内部を見回してみる、フロアーはお約束のバスタブ構造ですが、同社の他のモデルに比べ立ち上がり部分が高く感じられます。
b0148176_0202454.jpg


トップにある2箇所のベンチレーションは、ベルクロで開閉出来る様になってます。画像のベントのループと前方あるクリップの使用目的が解からずにいたのですが、ネット上でベントの中にソックスやグローブなどを詰めてクリップで止めている画像をみたが、雨や強風などでベントが閉じるのが目的なのだろう?スティックなどを差し込んでベントを開いているモデルが多いのだがどうなんでしょうか。
b0148176_0302918.jpg

 
内部にもベントを広げようとする、ループとクリップがあります。
b0148176_119533.jpg


テントの前後にあるパネルも開閉可能です。どちらか一つでいいと思われますが、サイドにジッパーがあるスリーピングバックを使用する場合を考慮しての事でしょうか、入り口に対してスリーピングバックのジッパーの位置により前後関係が違ってきますから。
b0148176_1403616.jpg


さらに左右のポールのスリーブを滑らせ捲り上げ、通気性を良くする事が出来ます。

通常の状態です。
b0148176_1434374.jpg


捲りあげている状態です。 
b0148176_1451858.jpg


ポケットが前後対角線上に2箇所あります。やはり寝る方向を考慮しての事でしょう。オールメッシュで2室ありシェルに縫い付けられたループにクリップで付けられているので、あまり重いものなどは入れたくはありませんね?
b0148176_1483469.jpg


簡単ですが内部の紹介です。取り説にも説明されていないパーツやループなどがあるのですが?
「Moment」このテントの場合は「瞬間」と言うネーミングになるのでしょうか?とにかく設営が簡単で速いです。慣れると30秒ぐらいで建つのでは・・・

by last-chance-gear | 2009-11-08 01:58 | Shelter&tarp
2009年 11月 03日

new gear 2

前回、紹介した新しくオーダーした道具の第2弾です。今回、紹介するのはオーダーしてから届くのに時間が掛かった、受注生産の道具がメインです。

Mini bull Krazy Cooking Kit & Choke Hazard #3 CAB
b0148176_23474825.jpg



MLD Spirit Quilts
b0148176_235028.jpg


cilogear 40 Liter WorkSack
b0148176_23513394.jpg

cilogear 60 Liter WorkSack
b0148176_23541889.jpg


Kifaru Sleds Armadillo
b0148176_23562652.jpg


by last-chance-gear | 2009-11-03 23:57 | Gear