<   2010年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2010年 07月 26日

Tet.k's Chimney Jet Stove

今日小さな?サプライズがあった。モステントで有名なTETKさんから小包みが届いた。ひょっとしたらと思いながら開けてみると、最新作のChimney Jet Stoveが入っていた。
b0148176_152937.jpg
TETKさんのBLOGに紹介されていた記事からは、400mlの水を3分30秒で沸騰させ、加圧式でありながら、ウインドスクリーンで蔽ってドライブさせても暴走しない性能。すぐに「自分で試してみたい、もし可能ならば私の店に置いて皆に見てもらいたい」とコメントしました。
b0148176_1535680.jpg

実際に届いた現物を手にして見ると、細かなパーツの作り込み、五徳部分のスムーズな動きの良さなど、完成度の高さの素晴らしさ。
b0148176_1551369.jpg

セッティングしてみるが、脚部の接地部分のシリコンチューブがガタツキなどなくし、クッカーを載せても安定してます。
b0148176_1562020.jpg

さていよいよ火入れしてみます。プレヒート用のカップにアルコールを入れ、ストーブを被せるように置いて着火します。プレヒートの炎が静かに立ち上がり、やがて回転しながら集束された炎が燃焼音とともに立ち上がってくる。

いいですねやっぱり加圧式のアルコールストーブは、市場ではオープンタイプやカーボンフェルトに押され、少なくなってきているタイプのストーブですが何とか生き残って欲しいですね。

燃焼結果ですが400mlの水、約23度を沸騰させるのに4分35秒ぐらいでした。野外で微風の条件、ウインドスクリーンなしでこのタイムは素晴らしいです。ウインドスクリーンを使用すれば4分を切ると思われます。


実際にこの後雨が降ってきたので、室内で無水エタノールを使用しウインドスクリーンで蔽って時間を計ったところ約3分で沸騰しました。燃料の違いがありますが、暴走せずに燃焼したことは驚きです。
b0148176_2141174.jpg

機能が裏打ちされたデザインの良さ、チムニー効果を訴求し進化して音をたて、燃え上がるトルネードの炎はクッカーを載せるのが躊躇われ、ずっと見ていたいと思わせるストーブです。

TETKさん、今回はありがとうございました。

by last-chance-gear | 2010-07-26 02:31 | Stove
2010年 07月 08日

GearPods 2

GearPods Sleevesの9.5インチサイズをヒップバックに取り付けてみました。
b0148176_0104662.jpg
ヒップバックの底のコンプレッションベルトに装着。ギアポッドが防水なので外付けしても安心できる。今回はストーブセットと燃料アルコールとコーヒーのセットをギアポッドに入れています。
b0148176_1303342.jpg





by last-chance-gear | 2010-07-08 01:31 | Gear
2010年 07月 05日

Open 3年目です。

気がつけばオープンして3年目になる。
b0148176_240215.jpg

遠くから来て下さった方、御問い合わせして下さった方、またブログを見て下さってる方、ありがとうございます。此方の我が儘で通販はしていないのですが、通販の御問い合わせが多数あり、お断りのメールを打つのが心ぐるしく感じます。

そこでお詫びといってはなんですが、「3年目、突入ありがとうございます。プレゼント企画」と銘打ち、私の私物や商品の一部をプレゼント致します。現在では手に入らない物が多数ありますが、何分にも古い物なので保存時の汚れや傷があるものがありますが、結構な美品ばかりです。カラトリーなどは未使用品です。

取り敢えずプレゼント品の個々の画像はここに上げていますがもう少し増えることもあるかも解かりません。画像の説明はまだ途中なのでこれから追記していきます。気になる道具があれば、メールでこの道具が欲しいと連絡ください。

応募が多数の道具は抽選になります。当選した方のみにご連絡いたします。ご質問などは仕事の都合上おくれることがあると思われますのでご理解お願いします。

応募期間は7月いっぱいです。

追記  希望する道具のチョイスは3個までOKです。第一希望から第三希望まで書いてメールを下さい。

by last-chance-gear | 2010-07-05 03:08 | favorite
2010年 07月 02日

GearPods

b0148176_0252794.jpg
基本のシステムはスリーブ状の筒に色々な道具を詰め、上下をスクリューキャップで閉じてフィールドに持ち出して使用します。

b0148176_0265082.jpg
スリーブの筒は1.5インチ、3インチ、4.5インチ、6インチと、1.5インチを基本モジュールとした4種類が用意されています。
キャップは、単純にフタとして使用するタイプ、ふたの上下にねじが切ってありスリーブとスリーブをつなぐコネクターとして使用するタイプ、リング状になっていてスリーブとスリーブをつないで長さを変える事が出来るタイプの3種類のキャップと組み合わせて、多種多様な道具を収納出来ます。

b0148176_0444998.jpg
GearPods Sleeves
コンポされたギアポッドを収納するケース、デイジーチェイン、マチ付きのポケットが付いていてザックに取り付けるも可能、左右のエンドキャップの一部が透明ビニールで、キャップのカラーが識別出来るようになっています。
9.5インチと14.0インチの2種類が用意されて、カラーはブラックとデジタルカモが選べます。

b0148176_0593357.jpg
GearPods Health
単品のキットになりますが、20種類以上のファーストエイドが入ってます。

b0148176_153587.jpg
GearPods
Stove System
これも単品のキットでストーブシステムです。ポッド、リッド、五徳、ウインドスクリーン、アルコールバーナーが入ってます。
それぞれは単品でも購入可能です。

まだじっくりとは見ていませんが、製品の造りは中々良いと思われます、可動部分はカッチリとしていて、リッドとマグの合わせもしっくりしてます。各パーツにGear Podsのロゴが刻印されていて好印象?

オーダーはネット上からは出来なくてメールでやりとりをしていましたが、送料がFedexで日本までは50ドル前後のメール、さすがにお高いと思われ、「郵便で送れませんか」と返信メール。
レスポンスの良い返信メールには、「申し訳ないがFedexでしか送れない」との事、仕方なく最終のオーダーの見積もりをお願いしたのですが、送料が実際は100ドル近くになりそうだとのメールがきてビックリ。
しかし{あなたのオーダーが日本からの最初のオーダーであり、こちらの見積もりのミスなので50ドルで送るよ」と書かれていました。
すぐにオーダーフォームがメールで送られてきたのでペイパルで支払いを済ませましたが、4日で商品が到着しました。

by last-chance-gear | 2010-07-02 02:09 | Gear