ulgear Address 37.007532,139.980111

ulgstore.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2010年 11月 29日

GVP GEAR G4PACKS

このバックパックの製作者が日本で講演したみたいですが行けなくて残念でした。
b0148176_1143726.jpg
私がウルトラライトに興味を持ち、ネットで色々と調べて一番最初にアメリカから個人輸入した思いで深い道具の中の一つです。GVPは製作者の名前から付けたようですね。
b0148176_1181520.jpg
当時は知識も浅く、道具を販売しているサイトも今ほど多くない中で見つけ出した幾つかのサイトから、アルコールストーブやタープ、グランドシートなどの小物類と一緒に購入したのですが、その中でバックパックを購入したのがこのGossamer GearのGVP G4 Packです。
b0148176_1271146.jpg
購入当時のUL系のパックの形態はゴーライトのブリーズの様なシンプルな袋状の外側にメッシュポケットを付けたモノがメインでしたが、このパックは少し違っていて取っ付き易いデザインでした。また背面にスリーピングパッドを差し込むシステムも面白いと思われました。
b0148176_1282847.jpg
届いたパックを見た時は予想より大きく、またペラペラなので驚きました。
b0148176_1302257.jpg
エクステンション部分まで詰めるとさらに大きく。
ショルダーハーネスとヒップベルトにウレタンフォームをインサート出来るシステムなどは現在のマリポサやミニポサなど、同社の他のバックパックに受け継がれていますね。ショルダーベルトの幅の広さが目を引きます。
b0148176_13689.jpg


購入後しばらくしてからこのバックの大きさは、長期間のハイクで湿気を含んだスリーピングバックが,圧縮されてロフトが回復出来なくなるのを回避するため,圧縮しないでそのままパックに詰め込む為に大きめにデザインされていることが解かりました。

by last-chance-gear | 2010-11-29 01:39 | packs
2010年 11月 23日

GREEN GURU Solar panel  2

取り付けた感じは良い雰囲気じゃないでしょうか、見た目が肝心ですね?私自身は雰囲気組でスペックよりも見た目が大事でまずはスタイルから入ります。
パネル本体がシンプルなデザインですが作りは頑丈で、野外での使用もパネルの表面もコーティングがされているようなのでガンガン使えそうです.
b0148176_23301555.jpg

取り回しですが取り付けたパネルの裏側に収納されている出力用のシガーソケットを引っ張りだして、エクスぺリアとカーバッテリーコードで繋げばOK!
b0148176_2333552.jpg

詳しくはありませんがバッテリー部分が剥き出しになっているソーラーパネルが多い様ですが、これだと雨などに対して簡単に対処が出来そう。
カーバッテリーコードの細さが野外での使用には現実的ではありませんが、取り敢えずの実験用なので使えそうならば、純正のコードを購入しようと考えています。

さて実際に背負って使用時のシュミレーションをしてみましたが、バックを太陽に向けて見るとエクスぺリアに充電中のサインが点滅し、アプリなども問題なく動作している。しかし太陽が雲などに隠れると消えてしまう。うす曇りでは使えなさそうなのか、バッテリーコードの性能に問題があるのかが電気関係の知識がないので解からないが、短時間の通話、GPSの使用で現在地の確認、電子コンパスの使用などが使用可能であればOKなので乾電池への充電などはこのソーラーパネルでは期待はしなくても大丈夫。
b0148176_2350344.jpg


苦労したのがエクスペリアを収納するポーチが見当たらない事です。市場に出ているデジカメや携帯用のモノは収まりが悪く使えそうに無い、スマートフォン用のポーチは出回っているのだろうか?唯一収まりがよかったのがMLDで購入していたこのポーチ。
b0148176_23531337.jpg
緩衝材などがない唯のポーチですが具合は中々良いのだが、すでにサイトからはドロップしています.
b0148176_23541669.jpg

取り回しには問題は無くあとはソーラーパネルが最低限の電力をスマートフォンに送れれば問題なし。近いうちに山の中で実際に試してみたいと思います。

by last-chance-gear | 2010-11-23 23:58 | Gear
2010年 11月 22日

GREEN GURU Solar panel 1

2ヶ月程前にアメ横のセレクトショップで偶然に見つけたソーラーパネル。
b0148176_1292449.jpg

以前からソーラーパワーの充電方式には興味があったのですが当時は、これだと言う様な商品がなくて購入に至いたりませんでした。しかし最近は山に電池を使用する道具を持ち出すことが多くなりました。携帯電話、GPSは当然の様になりヘッドランプ、ラジオなどがありますが、日帰りや一泊なら問題ありませんが、長期の山行になると心もとない気がしますね。特にスマートフォンを購入してからはGPS機能や、「地図ロイド」などアプリの良さに以前から使用していたGPSよりは簡単ですが逆に使い勝手が良さそう。個人的には極端な事を言えば現在地と方向さえ簡単に解かれば良いのであって・・・
すみませんこの手の道具は詳しくありませんので話をソーラーパネルに戻しますが、このソーラーパネルのブランドはGREEN GURUと言う名の会社でリサイクル商品を作っているエコロージブランドのようですね。
b0148176_1314141.jpg

使用済みの自転車のチューブやクライミングロープからメッセンジャーバックや財布、アームバンドなど・・・会社の住所がコロラド州のボルダーとがあります。いいですね~私の好きなアウトドアーブランドがある場所です。
この商品、パネルの裏側がジッパーで開閉するポーチになっていて電池やアダプターなどが収納可能になっていて、バックル付きのテープが上下2箇所にあり、バックにとりつけるのが前提に作られています。
b0148176_1323133.jpg

出力部分はシガーソケットで使用しない時はポーチの中に収納されています。今回はヨドバシで購入した安価のアダプターを使用してエクスぺリアとつないでいますが、ソーラーパネルのスペックが詳しく解からず、充電可能かどうかは心配ですが取り敢えず実験してみました。
b0148176_1351126.jpg
まずはパックに取り付けますが、GVPの G4 packに取り付ける軽量のリップストップナイロンを使用したペラペラのパックですが結構デカイです。長期の山行を前提ですからこれくらいのサイズを設定してみました。取り付けは簡単、2本のベルトを回して締め付けるだけです。

次回に続きます。

by last-chance-gear | 2010-11-22 01:39 | Gear
2010年 11月 15日

きこりのストーブ



東京で生活をしていた頃に、田舎暮らしを夢みて読んでいた雑誌の中で見かけた丸太を使用した七輪のようなストーブ?林業関係者が現場での作業中に暖を取ったり、調理をする為のモノ。
間伐した杉やヒノキなどの針葉樹を使い、チェンソーで切り込みを入れて完成と言う簡単な作りなので誰でも作れそうな感じです。
今回、薪作りの最中にブログのネタにでもと、思いついて昔の写真で見ただけの記憶を辿って作ってみたのがこれです。
b0148176_044474.jpg

立てた丸太の切り口にチェンソーで碁盤目状に切り込みを入れ、真ん中で焚きつけを燃やし着火させるとじわじわと燃えていくはずでしたが、実際は炎が上がり始めましたがポットを置くと沸騰する前に火が消えてしまい失敗。やはり思い付きでいきなりは駄目ですね。
b0148176_0533648.jpg

そして今回はネットで下調べをして作って見ました。切り込みを十字に深く入れただけです。
b0148176_054345.jpg

さて着火ですが林業の現場では乾燥していない生木を使用していると思われるのでガソリンなどオイルを着火剤として使っているようですね。今回も切り口の上で小さな焚き火をして丸太に着火してみます。
b0148176_1104522.jpg

針葉樹と違い広葉樹の硬い桜を使用しているのですが、3年近く乾燥させているのですぐに本体の丸太に火がついた。
b0148176_0553267.jpg

焚きつけの火が切り込みの中に落ちてチムニー効果により切り込みの下側から炎が立ち上がって、自然とセンターに集まって来ているようです。
b0148176_0565769.jpg
ポットを置いても前回の様に消えることも無く燃え、ポットのお湯もすぐに沸騰しました。
b0148176_0584474.jpg

切り込みの側面が燃えているようで、外側は燃えないで内側から燃えていき、焚き火の様に手を掛けることも無くポットを置いていつでも熱いお湯がわいている、まさしく七輪の様です。
着火から約3時間経過した丸太の状態です。切り込みの幅が広くなって来ています。
b0148176_19261.jpg

切り込みの数を増やせば多めの炎が立ち上がるだろう。
オートキャンプなどに便利かもしれないですね、車に丸太を一本積んで行けば、帰りは持って帰らなくても大丈夫。化石燃料を使用しないエコなストーブです。

by last-chance-gear | 2010-11-15 01:16 | home
2010年 11月 01日

日々 忙しく更新出来ず。

b0148176_1534285.jpg
久しぶりの更新になります。9月、10月は本業が一年の中でも最も忙しい時期で帰れない日も続く事があり、また週末も薪作りに朝から暗くなるまで働いております。さすがに疲れてブログの更新も出来ませんでしたが、11月は本業の方も先が見え、薪作りも一段落しましましたのでがんばって更新していこうと思います。今回は取り敢えずの更新で申し訳ないですが、11月の始まりなのでアップしてみました。

b0148176_1545226.jpg
去年に玉切りして置いた薪に、しいたけが一本生えていました。ブルーシートで覆っていたのですが穴が開いていて雨で薪が濡れて腐りが入り菌が繁殖しやすい状態になったのだろう。しいたけの原木栽培もやっていたこともあるのですが、栽培モノと種類が違うような気がするのですが天然モノになるのでしょうか?

b0148176_155359.jpg
今年も購入しました、Nano Puff !Nano Puffを使いだしてからはフリースの出番が減ってR2などはたんすの肥やし状態です。更にこのカラーが良いですね。パープルに内側がレッドと懐かしい配色です。80年の終りごろから90年の前半頃のパタゴニアのカラーは、自然の中に存在する色からネーミングされていて、マンゴー、ポピー、ストーンなど気のきいたものが沢山ありました。このような濃い目の紫はエッグプラント(なす紺)と呼ばれていて、パイルグリセードに同じ様な配色のモデルがありパイピングやプルタブのリボンのカラーの配色が素敵でした。

最近のパタゴニアは昔のモデルに似たような商品が復刻されていますが、プルタブのリボンの再販を希望します。

b0148176_1564493.jpg
ウエブカタログでの扱いになる?フライフィッシング用のジャケットですがパックラフト用に購入しました。ライフベストの上から着れるようにワンサイズ大きめにしました。

by last-chance-gear | 2010-11-01 01:58 | Gear