ulgear Address 37.007532,139.980111

ulgstore.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2013年 04月 10日

Grip Studs installing Luna Sandals Mono

b0148176_237360.jpg
Fatbikeのタイヤを45NRTH社のスパイクタイヤを交換しようと考え、ネットで探していた時に見つけたのがこのGRIP STUDSです。

More

by last-chance-gear | 2013-04-10 02:51 | Make Your Own Gear
2013年 04月 08日

Tetk's Hoop Stove & Low Profile Pipeless Hoop Stove

b0148176_043592.jpg
TetkさんのTwitterに「minibulldesignのyoutubeチャネル登録者数を超えそう」とツィートされていた。

2004年頃にMoss Tentのつながりでタンポポ村でキャンプをご一緒したときにVargoのアルコールストーブを見て、アルコールストーブに興味を持ちアメリカのガレージメーカーのアルコールストーブを集め始めました。

当時はペプシ缶ストーブの副加圧式サイドバーナータイプと、キャット缶ストーブの開放型タイプをベースとしたストーブが販売されていました。多数のガレージメーカーが市販の炭酸飲料の缶をベースにストーブを作っていましたが、いかにもアメリカ的?な大雑把な作りのストーブが多い中で、minibulldesignのストーブは所有感を満足させてくれる物でした。
一例ですが他のガレージメーカーがストーブ本体の嵌合部分をアルミテープで止める所を絞り加工で止めるなど、一手間かけた作りが好きでしたね。
またアルコールストーブや、ビア缶やジップロックを使用したクッカーシステムなどの製作風景や実際に調理例を紹介した動画のサイトなど魅力あるガレージメーカーでした。

そんなminibulldesignのyoutubeチャネル登録者数を追い越そうしているのですから凄い事だと思います。
アルコールストーブの魅力はもちろんですが、全てオープンに製作過程や詳細な数値が表記された記事や動画で構成され、作って見たいと感じさせるサイトです。

最初は個人で海外のサイトを参考にして見よう見まねでアルコールストーブを作り出し始め、だんだんと大きな輪になって、お互いに情報を共有し合いその中から何人かのビルダーが誕生して、日本発の素晴らしいアルコールストーブが海外に発信されていきました。

現在では海外で市販されているアルコールストーブはクッカーのシステムに組み込まれた物が多く、単体で魅力的な物は少ないと私は感じています。故に海外からTetkさんの動画などを興味深く見つめるハイカーが増えているのだろう。

More

by last-chance-gear | 2013-04-08 01:12 | Stove