鴫内野外道具製作所 Address 37.011173, 139.924865

ulgstore.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 04月 21日

この物件は「負の遺産」なのか!

次は肥料小屋です。基礎は大谷石を積んでいていい感じですね。木造2階建てで四方に庇が張り出しているが、周りの木々や葛の蔓など覆い尽くすように小屋を侵食していて、何かが住み着いているような雰囲気を醸しだしていて入るのに躊躇してしまいそうです。しかし四方に庇をつけているのですが庇自体がかなり大きめで雨の日などに作業が出来る様になっていたり、耕運機や農機具などを置いたりするスペースを確保しているようですね。
b0148176_17425588.jpg


More

# by last-chance-gear | 2019-04-21 01:14 | 里山開拓 | Comments(0)
2019年 03月 14日

番外編 メープルシロップを作ってみた!

2月中旬ごろに敷地内の樹木の剪定をしていた時でした、嫁の指示で邪魔な木の枝 や腐れが入った枝などをビシバシと鉈で払っていたのですが、不用意に少し太めの枝に「えい!」と一撃を入れた時「それはダメ!」と声がかかりそれ以上は払うのはやめたのですが、切ったそばから切り口から樹液が滲み出し雫となって滴り落ちた。ひょっとしてコレはカエデの木か?確かにこの林にはカエデの木があった様な、落ち葉にも大振りなカエデの枯葉が落ちているし・・・
すぐに周りを見渡して同じ樹肌の木を探すと十数本確認できた。中には直径が40cm程になる物があり平均して樹齢が30年以上ありそうです。コレはメープルシロップを作るしかないと単純に考えました。
b0148176_16461313.jpg





More

# by last-chance-gear | 2019-03-14 17:29 | 里山開拓 | Comments(0)
2019年 03月 05日

建物の内部はどうなっているんだ?

敷地全体を見終わったので次は建物内部を見ることにする。実際には土地だけを探していて建物はどうした物かと考えていました。ネット上でよく見かける古民家再生の記事を見ると、多くは購入した古民家には前の居住者の残したゴミ?などが押し込められていて、片付けに苦労しているのが書かれている。ゴミの片付けなどに余計な手間やお金が必要となってくるのが想像できるし、ましてや建物自体がダメな場合は取り壊して撤去するとなると、考えるのも恐ろしい状況が…
電化製品や産業廃棄物など廃棄するのにはお金が必要になるばかりか、クリーンセンターや産廃の業者の所に運ぶ手間などが増え、俺の第二の人生のスタートはゴミの片付けでスタートをするのかと考えると憂鬱になってくる。
b0148176_13103539.jpg


More

# by last-chance-gear | 2019-03-05 18:02 | 里山開拓 | Comments(0)
2019年 02月 20日

ここが終の棲家になるのか?

近くにいい土地が売りに出てるけど興味ない?」おもむろに要件を切り出された、kさんとは街中や車ですれ違った時に挨拶などする程度で、面と向かって話をするのは数十年ぶりだ。しかし何故このタイミングで売り地の情報を、私が土地を探しているのを知っているのか?いや嫁以外にこの話はしていないし、驚いている私にKさんは話を続ける。「かなりのまとまった土地でもう少し広ければ自分が購入したいが、広さが足りず私に話を持ってきた」との事、引き続き詳しく物件についての話を聞くと、売主の人が親から相続した土地だが売主は街で生活していて、相続した土地は負の遺産?となっているそうだ。
取り敢えず話を聞くより、売り地をこの目で見てみたいので現場に案内をお願いした。話の中で売り地の場所は大体の検討は付いているが、車はまさにその方面に向かって走っている。正面に男鹿山塊の稜線が見えてきた。近くにいい土地が売りに出てるけど興味ない?」おもむろに要件を切り出された、kさんとは街中や車ですれ違った時に挨拶などする程度で、面と向かって話をするのは数十年ぶりだ。しかし何故このタイミングで売り地の情報を、私が土地を探しているのを知っているのか?いや嫁以外にこの話はしていないし、驚いている私にKさんは話を続ける。「かなりのまとまった土地でもう少し広ければ自分が購入したいが、広さが足りず私に話を持ってきた」との事、引き続き詳しく物件についての話を聞くと、売主の人が親から相続した土地だが売主は街で生活していて、相続した土地は負の遺産?となっているそうだ。

取り敢えず話を聞くより、売り地をこの目で見てみたいので現場に案内をお願いした。話の中で売り地の場所は大体の検討は付いているが、車はまさにその方面に向かって走っている。しばらくすると正面に男鹿山塊の稜線が見えてきた。
b0148176_16562386.jpg


More

# by last-chance-gear | 2019-02-20 14:02 | 里山開拓 | Comments(0)
2019年 02月 14日

第二の人生は裏磐梯に?

私事ですが2017年11月末日で40年務めた会社を定年退職致しました。幸いな事に契約社員として、自宅でデザインの仕事を続けています。

定年退職を半年後に迎えた2017年の5月に裏磐梯の桧原湖周辺に土地を探しにでかけました。以前から退職した後は山里の静かな場所で小さな家をセルフビルドし、第二の人生を過ごそうと漠然と考えていました。桧原湖は昔からオートキャンプや最近ではパックラフトを漕ぎに出掛けている好きな場所の一つです。湖の畔に住んでウッドデッキから湖を眺めて過ごしたり、好きな時に湖に漕ぎ出して湖畔の小さな島々に上陸してキャンプをする日々を想像して過ごしていましたが、会社と定年退職に関する打ち合わせを始め、退職金の金額を提示されたり、退職後の契約社員としての待遇を話し合いをするに従い、具体的な退職後のライフスタイルを描くことが可能になり、取り敢えずのアクションを起こしたのが裏磐梯への土地探しです。
b0148176_18354493.jpg


More

# by last-chance-gear | 2019-02-14 01:43 | 里山開拓 | Comments(2)