ulgear Address 37.007532,139.980111

ulgstore.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 10月 19日

World's Lightest Quilt 2

「完成したのですぐに送るぜ」とメールが届いてから6日後、郵便受けの横に日本のエクスパックサイズ位でパンパンに膨らんだ外国からの郵便が届いていました。確認してみるとTimさんからのキルトである。「小っちぇー、プレッシャー掛けすぎだろ」それ位のサイズです。あの写真のキルトがこの中に入っているである。
b0148176_1254740.jpg

関税は掛からなかったので良かったです。早速、中のキルトを取り出してみる。しわくちゃのキューベンの塊だけの様な印象で、元通りのロフトに膨らむのだろうか?
b0148176_1261660.jpg

広げてみるがシャカシャカと音が気になる、市販の中では一番に薄いキューベンを使用していると思われるが、想像していた以上に大きく感じた。しかし中身のダウンが透けて見えるのは面白い、昔に流行ったスケルトンボディみたいだ。
b0148176_128794.jpg

所々に白いダウンに混じって薄茶のダウンが見えるが、フェザーなのか気になる?ダウンの量は約230gであるが、ショルダーの部分とフットボックスの部分に多めに詰めてある。ロフトの高さと、ダウンの量が多いので真っ白に見えるので視覚的に解かりやすい。センター部分には黒のモーメンタムを使用している。ロフトを稼ぐ為に使用しているのだろう。
b0148176_1301180.jpg

とりあえずキルト状にしてみる。フットボックスはジッパーとドローコードで形作るのだが、軽量化を意識して目の細かなジッパーと大丈夫なのかなと思われる程細いゴムひものドローコードである。
b0148176_1312495.jpg

背中側にはあと2箇所で、同じゴムひもを使用して袋状にする。この背中の2箇所のゴムひもは、ループ状のコードに結んでいるので切れても交換が簡単に出来る。
b0148176_134293.jpg

首もとはドローコードとスナップボタンで。キルトにした状態で潜り込んでみるが少し窮屈な感じである。
b0148176_1345428.jpg
オーダーした時に聞かれたのは体重と身長だけで、返事のメールはメートル法の寸法で送ったのだが、インチ表記の方が良かったのだろうか?寸法を確認してみると横のサイズがショルダー部分で約1100、フットボックス部分が840、長さが1800で、同等のダウン量を持つヌナタクのアークゴーストのSサイズ位の大きさである。最初のオーダーでもあり、Timさんにしても二つめのモデルなのでサイズに関してはオーダー時に具体的な寸法を指示した方が良かったと思われる。
b0148176_1371975.jpg
兎に角軽さを追求したキルトなのでサイズを極端にシェイプしている印象である。寝心地の良さを求めれば、0.8パーテックスクォンタム(軽い)使用のアークゴーストと変わらなくなるだろう。

by last-chance-gear | 2009-10-19 01:38 | Sleeping Gear | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< Bushcooker Lt 1...      World's Lig... >>