鴫内野外道具製作所 Address 37.011173, 139.924865

ulgstore.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 12月 23日

Kifaru 6Man tipi 2

焚きつけも作り終えてTipiの外に出てみると、周りの雪も溶け出して来ていた。テントの中の雪は大体、溶けていてTipiの中の暖かさが見た目で感じられる。
b0148176_2092929.jpg

時間があれば中で昼寝でもしたいところだが、車2台分をスタッドレスタイヤに交換しなければならないので撤収することにする。
b0148176_20121437.jpg

最初に煙突を取り外し、ワイヤーのリングを抜いていく。このワイヤーのリングだけでステンのホイールをパイプ状に丸めているだけですが、煙などはもれないのですが、よくできたものです。
b0148176_21583082.jpg

開いた状態です。かなりぺこぺこになっていますが、ここから縦方向にくるくると巻いていきます。
b0148176_22274474.jpg

ストーブ本体を分解した状態ですが、各パーツは熱によるゆがみなどがでています。サイドパネル4枚を上下のパネルで挟み込んで蝶ねじで締め上げてくみたてるのでゆがみが多少あっても大丈夫です。
残念なのは、フロントパネルの薪の投入口の上の、Kifaruのロゴマークがプリントされた真鍮のパネルが、熱とすすで真っ黒になり読めなくなった事ですね。
b0148176_23162547.jpg

ばらしたストーブは付属のバツグに収納しますが、このバッグが良くできていますね、単品としても売れそうな感じ。さすがマウンテンスミスでバックを作って来た実績を思いださせます。バックパックに外付け出来る様に何箇所にループが付いています。
b0148176_23404495.jpg

ストーブの燃えている動画です。

by last-chance-gear | 2009-12-23 23:50 | Shelter&tarp | Comments(5)
Commented by joxter at 2009-12-24 22:58 x
焚きつけをつくりながら薪を燃やす?。。。(笑)
室内が暗いんじゃないかと思って小生は白を選んだのですが、コヨーテブラウンも結構光を通すんですね。
_あれから…hiroshiさんに復た火をつけられたように、久しぶりに無駄遣いをしています。(笑)
あのシェルターはまだどうしようか悩んで居ますが、これはどうかな(?)というものを復たお見せに伺おうかなと。
Commented by hiroshi at 2009-12-26 03:11 x
joxterさん こんばんわ。
番手の軽く、薄いシルナイロンの生地なので案外と光は通すみたいですね。
色々と購入されているのでしょうか、是非、みてみたいですね。
joxterさんとは、嗜好が同じ様な感じですので興味があります。
今度はキャンプをご一緒にお願いします。
Commented by JSB at 2009-12-29 01:33 x
この煙突の仕掛けには当初ビックリしました
横方向に巻き込んで収納 
 縦に丸めると、長い煙突が出来上がる(笑)面白い発想ですね
Commented by JSB at 2009-12-30 02:23 x
このストーブとは比べ物にはなりませんが
担ぎ旅?に持っていけそうなULなウッドストーブを試作しました
25gで、チタンの底板も含んでいます
シシャモを炙るには、アミ別途に必要ですね(笑)
Commented by last-chance-gear at 2010-01-12 01:08
JSBさん、今年もよろしくお願いします。
このウッドストーブは販売されるのでしょうか?
是非、購入したいのです。

私のアメリカ、イギリスなどのウッドストーブコレクションに加えたいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 今年もよろしくお願いします。      Kifaru 6Man Tipi 1 >>