ulgear Address 37.007532,139.980111

ulgstore.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 08月 03日

Alpacka Raft Denali Llama

b0148176_0384217.jpg
同社のギャラリーのサイトにはAlpacka Raftを使用したエクスペディションなどの画像が掲載されて、それまで私がこの形のボートに対して持っていた、レジャー要素の強いゴムボート?やホワイトウオーターに挑むラフティング等とは違い、アラスカの雪原をボートをスレッド代わりにして移動したり、バックや自転車を載せて河を下ったりと、バックパッキングにボートを取り入れ、移動手段としての道具にしている内容のものでした。もちろんホワイトウオーターを攻めている人が大部分ですが.
b0148176_0461199.jpg
バックパッキングの道具として使用を考え、非常に軽くコンパクトに設計されています。この写真では一泊二日分の道具や衣類を想定してドライバックにパッキングしています。
b0148176_0484398.jpg
パドルは4分割、ラフト本体、シートで構成されています。下に敷いてあるのはインフレーションバッグで空気を入れる道具です。
b0148176_113042.jpg
ラフト本体を取り出しバルブ部分にインフレーションバックの注入口をねじ込みます。
b0148176_18865.jpg
旧タイプのエクスペドのダウンマットの収納袋とコンセプトは同じですね。シルナイロン製で縫い目をシームなどしていないので空気がもれますが、兎に角空気は確実に入っていきます。
b0148176_1154220.jpg
シートも空気で膨らませて取り付けます。手前の黒いバブルが空気注入口ですが、インフレーションバックを外してバルブを閉める時に空気が漏れるので、左側の赤い管から、口で空気を入れて再充填します。
b0148176_1282173.jpg
オプションのPacktach Systemで、ラフトのフロントにバックを簡単に取り付ける事が出来ます。個人的にお気に入りで、このラフト購入の決め手になりました。
b0148176_13932.jpg
シートが便器みたいできになりますがすわり心地はいいです。旅のイメージが膨らむ画像だと思うのですが?
b0148176_1445527.jpg
リタイヤしたらアラスカの湖や川などを旅してみたい。

by last-chance-gear | 2010-08-03 01:54 | Gear | Comments(2)
Commented by JSB at 2010-08-09 01:18 x
1気室だが、ボストンバルブ付き、しかもメッチャ軽い!
あのGUMOTEXのソロタイプ(8kg)よりも好い(笑)
穴が開くと、一気に沈の可能性はありますが、岩とキスしないように扱えば、こんなに軽くて手軽な水上手段は他に無いですね
欲言えば、キールの替わりに、細長いチューブなどを中心線の真下にセットすると、直進性が向上します。
湖上の風などに弱いダッキーの弱みをカバーしてくれます。パンクしたらそのチューブを切って貼り付ける・メンテにも使えるし

、、、、、あらためて同サイトを見たら、すでに品切れで
  入手の素早さにも、感動しました(爆)
Commented by last-chance-gear at 2010-08-16 01:19
別売りで簡単なスケッグが販売されているようです。湖などでは有効ですね。

軽いのでポーテージは楽です。釣り人を見かけたら林道に上がってエスケープしていけます。

素早くはありません。2年間悩みつづけました(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< Revelate Designs      Tet.k's Chi... >>