ulgear Address 37.007532,139.980111

ulgstore.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 01月 03日

mkettle

英国から届いたクッカー mkettle
b0148176_2391066.jpg

仕組みはKelly KettleやThermetteと同様のチムニー効果を利用したクッカーです。
b0148176_2312478.jpg

Kelly KettleやThermetteなどはカヌーを利用したキャンプなどでお馴染みですが、このmkettleはサイズダウンされバックパッキングで使用出来る様に設計され、ハンドルなどはありませんが本体をネオプレーンのスリーブで覆っていて素手で本体を掴む事が可能。
b0148176_23142968.jpg

mkettle本体とファイヤーベース、ネオプレーンのスリーブ、シリコーン製の栓,Dリング付きの収納袋で構成されています。
b0148176_2322194.jpg
本体の素材はアルミニウム、サイズは高さが17センチメートル、直径は10センチメートルで、ジェットボイルの収納サイズと同じ位の寸法。重量は370グラム、容量は約530ミリリットルと重量の数字が気になりますが・・・
b0148176_23153166.jpg

実際に手に取ってみて気になる点は、まず370gの重さずっしりと手に来ますね。ジェットボイルよりは軽く感じますがどうなんでしょうか?ジェットボイルはオートキャンプでコーヒーなどを入れる時に使う人が多く、トレッキングなどで使用する人は少ないと思われます。大きさとガス缶を含めた重量が現実的ではないのでしょうね。

燃焼実験をしてみました。燃料は薪がメインですがトランギアのアルコールストーブ、固形燃料も使用出来ます。
b0148176_2320277.jpg

今回は建材の木っ端を使用してみました。針葉樹なのでヤニが気になりましたが雪で枯れ枝が湿っていて使用出来ませんでした。実際のフィールドではこのような良い状態の薪はありえませんが取り敢えずと言う事で・・・


ファイヤーベースに薪を入れて着火、ケトル本体を載せると直ぐに本燃焼に移ります。当日は風が強めに吹いていたのでチムニー効果の効き目が良く6分で400ccの水を完全沸騰。素手でケトルを掴む事も可能でした。またファイヤーベースのエアーインテーク?から燃えている薪がこぼれ出ないかぎりネオプレーンのスリーブも焦げることは無いでしょう。
最後に気になったのは注ぎ口の湯きり具合、コーヒーなどをドリップするような微妙な注ぎ具合の時などは、ネオプレーンまでお湯が伝ってます。個人的には凄く気になるところですね。
b0148176_2324274.jpg


欠点もありますがフリーズドライ食品限定、薪だけでの使用を考えれば使えそうですね。燃焼効率の良さ、どの様な天候でも最低限の燃焼が可能(ウインドスクリーンは必要無し)と重さにも目が瞑れそうな気がする?

by last-chance-gear | 2011-01-03 23:28 | Stove | Comments(10)
Commented by JSB at 2011-01-04 03:02 x
今年早くも、このmkettleのスレッドが有ったのでビックリしています
  痛みそうな裾の処を、しっかりとしたフランジで綺麗に丈夫に仕上げてあり好感度が高いですね(笑)
 コレを利用して、ワンポールシェルターの暖房設備を兼ねられそうな予感もします(爆)煙突を直結にして、、、、
一 フジサン のようなコニーデ型のシェルター
二 鷹     のような 鋭い選択眼で、高い煙突に直結するw
三 茄子   のように 煙突直下に mkettleを   セットイン (笑)
四 火室   を大き目のものを準備する とか工夫を加えて
    薪は、横からも供給出来る 楽しめる改造の可能性は有るかも?
Commented by JSB at 2011-01-04 03:10 x
本末転倒は覚悟の上で、、、、サイフォン式の注ぎ口をセットしてから
燃やすなら、シリコンチューブなど耐熱性のある物とコックがあれば解決出来るかもしれない。お湯を使いきる前に注水して補うなど注意点有り
 要は、シンプルさを活かしながら 場面ごとに、上手に工夫するところに、カタログに無い面白さが隠れているのだと思います
Commented by JSB at 2011-01-04 03:29 x
非常識とは思いますが、注ぎ口を上側へ、反回転させてから注いだら
どんな状態で、水は流れ出すのかな?  というのは、ペンキ屋さんたちは
一杯入った塗料缶から注ぐときに、上側に注ぎ口が来るようにして注いでいます。すると勢いよく流れだして、お尻へ廻りません。お試しください
Commented by last-chance-gear at 2011-01-06 02:26
JSBさんこんばんわ。

英国製らしく真面目でしっかりとした製品で好感が持てるプロダクトです。
また色々なご提案ありがとうございます。特に煙突の件は面白そうです。

titaniumgoat社でも販売されるようですが、Backcountry Boilerの件もありサイト上にコメントが掲載されました。
 
Backcountry Boiler社のモデルはずっと注目していたので複雑な気がしています。
一応オーダーはしていますが、手に入るのは何時ごろかは解かりません。
どのようにしてあの軽さになっているのか興味があります。
Commented by カワサキ at 2011-03-02 09:45 x
そろそろNo.8のシリアルのついたBackcountry Boilerが出来上がって発送される頃かなと思っております。で、比較の為にmKettleも取り寄せました(Titaniumgoat 経由)。これ、生のアルミじゃないですかね? Anodizeされていないような。まだ火入れしていないんですが、まずは Hyper Felt +アルコールで沸かしてみます。
Commented by last-chance-gear at 2011-03-03 00:55
カワサキさん、こんばんわ。
アルミ素材はケリーケトルと同じようです。Backcountry Boileよりかなり重いですね。
Backcountry Boileの到着が楽しみですね。

薪の使用はタールがべっとりと付くので、バックのなかに収納するのは収納袋があっても気になります。収納袋はmkettleの方が良さそうです。

Commented by 石山 at 2011-03-04 12:02 x
ご無沙汰しております。CASCADE LOOPの石山です。
mkettleからアプローチがあった際、last-chance-gearさんのサイトを紹介されました(笑)
Commented by last-chance-gear at 2011-03-06 02:36
石山さん、こんばんわ。

私もmkettleからアプローチがきっかけで購入に至りました。Backcountry Boilerをチェックしていましたが、待ちきれず・・・

パーセルトレンチは好評のようですね。私の世代だとパッカーズグリルの方がピンときます(笑)
Commented by 石山 at 2011-03-08 13:21 x
あ、そうだったのですね!
Backcountry Boilerにもう少しスピードがあれば違った展開になっていたかもしれませんね。まあ、ケリーケトルなど考えると元はどうなの?と思わないでも無いですが(笑)
パーセルトレンチ、お蔭様で人気を頂いております。あれ?世代ってそんなに違いましたっけ(笑)
Commented by last-chance-gear at 2011-03-09 01:53
同感です。
Backcountry Boilerももうすぐ届くと思います。使い勝手を比べるのが楽しみです。

社名のパーセルトレンチは昔からあったのでしょうか?
当時の雑誌ではパッカーズグリルだけ書いてあった気がします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< Titanium Goat V...      KELTY tarp >>